ヒルトップ英語教室に通わせてみて感じたこと

東京在住、現在小4、10歳の娘は、4歳になったときから英会話教室に通い始め、現在も通っています。

もともと私は英語が好きで高校も英語科に通ったり、大学生の時は短期留学をしたりして、英語には常に触れる生活をしていました。それのもとは、親が小学生の時から英会話を習わせてくれたからだと思っています。

外国人と毎週会話をすることで、日本人特有の(?)、外国人に話しかけられると身構えてしまう、という行動をとることはありませんでした。一方夫、英語はただの受験科目であり、部活に行かなくていいから英検を受ける、会話なんてもってのほか、という英語恐怖症です。

一緒に海外に行ってもなにもできません。私は夫を見て、夫は私を見て、子供には絶対に英会話を習わせたい、と思っていました。

どの教室に通うか、でしたが、なるべく家の近所が良かったです。送り迎えが苦になってしまって通えない、はもったいなさ過ぎます。通える範囲には二件ありましたが、一軒はショッピングセンターの中、一軒は戸建て、という感じでした。

戸建てのほうが近かったのですが、外観の雰囲気が明るかったのでショッピングセンターの教室、ヒルトップに決めました。

娘が習っているコースは隔週で外国人講師が来てくれます。外国人講師が来ている時は割合ゲームが多いと聞きましたが、毎月テーマが決まっていて単語や文法はテキストに沿って進めていきます。

外国人講師は日本語を話しません。保護者へ授業の説明をするときも英語です。その外国人講師も色々な国の人が半年から一年単位で変わるので、色々な人の英語が聞けていいな、と思いました。

娘は元来まじめな性格なので、発音などどんどん吸収しているように思います。5歳でサイパン旅行に行ったときは、ちゃんと自分で自己紹介できていました。親としてちょっと鼻が高かったです。

そこで自己紹介できるくらいなので、外国人恐怖症、のように身構えてしまうことはもうないと思います。

学校では現在英語の授業があります。娘が発言した時、クラスメートが「発音いいな」と言っているのが聞こえました。娘の中でも、自分は英語が得意だ、と思っているようで良かったと思っています。

得意だ、と思っていたら今はまだまだな文法も、これからどんどん伸びていくと思うからです。

英語を子供にどうやって習わせるかは人によって違うと思います。自宅学習がいい人もいるし、通うほうがいい人もいると思います。

でも、私は娘に生きた会話をできるようになってほしいと思っているので、迷わずに通うことにしました。対面学習の利点は、目の前で発音などを直し苦てくれることだと思っています。

今は点と点の英語力でも、いつか、線になり、彼女の自信になり、それが受験の時にも役立つと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です