小さい子には個人の英会話教室がオススメ?

娘の年齢は現在7歳、小学校1年生です。北海道は札幌市に住んでいます。ちなみに、娘は5歳から英会話教室に通っています。

そこでまず、「なぜ英語教室に通わせようと思ったのか?」という質問ですが、正直に言いますと「友達の付き合いで仕方なく」というところが本音です。確かに英語教育は必要であると感じています。

私自身、大学生の頃に1年間オーストラリアに交換留学で滞在していたりしました。その経験にて、「やっぱり同じ日本人でも小さい頃から英語に慣れ親しんでいる子には敵わない」と、思ったわけです。

私の方が知っている英単語数や英作文能力は高くても、英語のリスニング及び英会話における対応力は、それはもう小さい頃に外国に滞在したとか、そういった英語に慣れ親しんでいた子たちには敵わないところが大きいと感じたわけです。

ですから、自分の娘に対しても英会話教室に通うことは考えていました。けれども、幼稚園児の頃から英会話教室に通うことは考えていなかったのですよね。しかし、早くに英会話教室に通う子もいるわけで、そして娘にしても「友達が通ってるから私も英会話教室に通いたい!」となるわけです。

頑なに英会話教室通いを反対する理由もないし、英会話教室の月謝が払えないというわけでもないし…と、英会話教室通いを反対する理由もないので、友達に誘われたことをきっかけに通いだすことになったのです。

なお、娘が通った英会話教室は個人で運営されている英会話教室です。大手英会話教室に通っている子もいて、そちらの選択肢もあったのですが、私が「個人での英会話教室」を選択したのです。なぜなら「振替レッスンが可能」だったからです。

一般的な英会話教室(チェーン展開されているような)ならば、欠席はいかなる理由があっても欠席扱いとなるものですよね。しかし、個人で開いている教室は、ピアノでも英会話でも「振替レッスン」を行ってくれるところが多いのです。娘の友達が通っている英会話教室もそうでした。

出かける直前に体調が変化して、結局お休みになってしまった時でさえ、後日別な日に振替レッスンを行ってくれるのです。また、他のクラスに入れて振替てくれるなど、個人だからこそなのでしょうね。そういった臨機応変の対応が、小さい子供のの教室では、すごーく助かると思いました。

肝心の授業スタイルなのですが、幼児のレッスンは大手がCMにて公開しているレッスン風景と大体同じですね。席について紙に書いて英語を学ぶというスタイルではなく、踊りながら歌いながら、あそびながら英語に親しんでいくというスタイルです。

そして上級生の英会話レッスンのように、すべて英語で行うというわけではなく、日本語も織り交ぜながらレッスンは行われるわけです。ですから身構えなくていいのかも知れませんね。

効果は…正直まだわかりません。けれど、少なくとも私が小学生だった頃よりは英語を話すことができています。また、発音がやたらとネイティブな感じになっているので微笑ましいです。

これから、子供を英語教室に通わせようと思っている人は、まず初めに「英会話教室選び」が待っていることでしょう。言ってしまえば、すべては「いい先生に出会えるかどうか」というところが大きいでしょう。

私は個人の英会話教室を勧めますが、けれども「すべては先生によりき」というものですから、個人の英会話教室にしても、「あ、この先生、なんか合わない」と思ったらやめておくのも手だと思います。まあもっとも、子供が気にいるかどうかが、やっぱり小さい子供の英会話教室選びにおいては大事なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です