これからは子供は世界で活躍する時代!子供を英会話に通わせた理由

私の子供は現在、13歳、中学2年の男の子です。今は神奈川県の公立中学に通っています。子供を英会話教室に通わせようと思った理由は大きく分けて二つあります。一つは学校教育では英語は話せるようにはならないから。

昔と違い、今は公立学校でも英語のスピーチ、ヒアリングには力を入れているといいますけれど、まだまだネイティブと話しが出来るようになるレベルではありません。

もう一つはこれからの時代、日本だけでなく世界を舞台にして活躍して欲しいと願ったからです。日本は少子高齢化でますます経済が衰退していきますが、一方でアジアに目を向けると人口はどんどん増えて経済活動か活発になっていきます。

ですので、私は自分の子供を幼稚園の頃から英会話教室に通わせることにしたのです。私の自宅近くには米軍基地の施設があり、そこで働く軍人の奥さん達が個人で行っている英会話スクールがたくさんあります。

子供の幼稚園の同級生もたくさん通っていることもあり、私は自分の子供をその英会話スクールに通わせることにしました。先生は米軍基地で働く軍人さんの奥さんのため月謝も一般的な金額に比べてかなりリーズナブルだったことも決めた理由の一つです。先生はもちろんネイティブスピーカーです。

週1回の授業でしたが、先生は何人かの軍人の奥さんでローテーションが組まれていました。だから、特定の先生の喋り方に影響を受ける事なく、幅広くネイティブスピーカーの人と接することが出来て良かったと思っています。

一般的な英会話スクールと違い、しっかりしたカリキュラムが組まれているわけではありません。文法はどうだとか、発音がどうだとか、細かい事を言う前にとにかくたくさん英語でコミュニケーションを取ることが重要視されました。

一緒に通っている生徒も幼稚園の同級生ということもあり、子供たちはみんな遠慮や緊張をすることなく、純粋に英語で話しをすることを楽しむことが出来るといった感じでした。とにかく話す英語の量が多い英会話教室だったので、コミュニケーション能力は格段に上がりました。

普段の授業のほか、休日に米軍の人が主催するバーベキューパーティなどにも家族で招待されることもしばしばあります。アメリカ人が日常的に行うバーベキューの中で交わす英語は言って見たら生きた英語です。これは子供達の英語でのコミュニケーション能力が上がらない訳はありません。

一般的な英会話教室でテキストだけを見ながら行うレッスンではこれほどの英語のコミュニケーション能力はつかないと思います。そんなこともあり、英会話教室に通う子供達は英語のスピーチだけでなく身振り手振りもアメリカ人ぽくなったのは親として驚きでした。

私の子供は小学校6年生まで米軍基地内の英会話教室に通っていました。残念ながら、子供は中学に入ってから部活をするようになり英会話教室に通う時間がなくなってしまったのです。

けれども、米軍の人たちとは今でも友人関係であり、バーベキューに呼ばれることもあります。その時には英会話教室の先生とも再会し英語で話をするのです。その時間が私の子供もとても楽しいようです。

子供を英会話教室に通わせようか考えている人へのアドバイスとしては、とにかくレッスン中に英語で話しをする時間が多い事を優先すべきだと思います。中には生徒数が多過ぎてレッスン中にもかかわらず英語を話す時間が数分しかないという英会話教室もあります。

英会話は人が話をするのを聞いていてもコミュニケーション能力は全く身につきません。また、英会話は机の上だけでしていても意味がありません。英語であれ、日本語であれ、言葉はいろんなシチュエーションの中で交わされるもの。英会話教室に通わせるのであれば、いろんな場面での授業を受けられるような教室が良いとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です