副会長挨拶

九州英語教育学会 副会長  松永志野

(熊本県立湧心館高等学校)

松永志野と申します。高校で英語を教えています。

目の前の仕事に追われる日々に、自分は英語教師と言えるかと自問しているのは、私だけではないことでしょう。多忙な現場で汗しておられる先生方に、是非一度、九州英語教育学会を覗いて頂きたいと思います。小・中・高・大の先生方が一堂に会して議論する場に身を置くだけでも、深い感動を覚えます。日々携わっている仕事を、これまでとは違う視点から見直す刺激にもなります。

私自身は、休職して大学院に進学したのを機に、九州英語教育学会に入会しました。これまでの経験に照らして学ぶことには、若い頃とは異なる理解と充実があり、何より単純に面白いと思えました。現在は、湧心館高校に職場復帰し、研究生活から得たものを少しでも生徒に還元すべく、楽しく悪戦苦闘しています。

教職も研究も、遂行の意志と、完璧さの追求はほどほどにして前へ進むことと、そして何より人のネットワークが大切だと思います。九州英語教育学会では、英語教育についての最新情報を得たり、実際の教室で起こっていることを理解するための理論的な視点を手に入れたり、日頃の実践の根拠を見つけたりと、目から鱗の落ちるような発見が期待できます。その興奮を他の会員と共有することもできますし、ご自身の研究テーマを持つ機会ともなり得ることでしょう。

英語教育に私たちがどのように貢献できるのか、共に考えて参りましょう。


九州英語教育学会 副会長 陣内陽子

佐賀大学文化教育学部付属中学校

こんにちは。中学校で英語を教えているじんのうち陣内陽子です。
“Let’s Enjoy English! ---All right!” 生徒たちの元気なあいさつで今日も私の英語の授業が始まります。今日の授業では何が起こるかな?何かわくわくするようなものが英語の授業には存在すると思いませんか?だって、英語の授業はコミュニケーションそのものだし、世界を視野に入れた情報交換や異文化理解に関する活動ができますよね。
英語がやっと必修教科になり、英語教育は今こそ小・中・高・大・市民との連携が必要とされている時代を迎えました。私たち英語教師は「実践的コミュニケーション能力の育成」という大きな目標に向かって日々たゆまぬ努力を積み重ねています。そして、生徒たちが英語をコミュニケーションの手段として世界に羽ばたいていってほしいと願っています。しかしながら、私たちは小学校での英語活動の導入、中学校での少人数授業の導入、絶対評価の導入など新しい動向に対応しつつ、公立学校における週3時間という枠内での英語教育のあり方に多くの悩みをかかえています。こうした共通の悩みの解決に向けて、ぜひ、「九州英語学会」の扉を開けてみてください。
小学校や中学校の英語の先生の中には、「学会」と聞いただけで「なんだか難しそうだなあ。」と思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、そんな先入観をくつがえすような新しい出会いが「九州英語教育学会」にはあります。さあ、日々の英語の授業に悩んでいるあなた、新しい授業法に挑戦しているあなた、最新の理論と実践を学びたいあなた、私たちと一緒に英語教育への新しい挑戦への旅にぜひでかけてみてみませんか?

九州英語教育学会 副会長  阿部 弘

一昨年の沖縄研究大会の評議委員会及び総会におきまして、本学会第5代新会長大里文人先生を支える3副会長のひとりとして、その重責を担うことになりました阿部弘(西南女学院大学)でございます。私が九州英語教育学会に入会したのは1977年(昭和52年)12月となっておりまして、早くも4半世紀が経過しました。入会以来校務による夏期学生引率等で参加できなかったことは数度ありますが、可能な限り研究大会には顔を出すように努めてまいりました。その間、大学関係はもちろん、中・高や私塾等のたくさんの諸先生方と面識ができましたことは誠に光栄でありました。これも一重に中・高・大にわたる会員間の縦の連携がとれている数少ない学会ならではの結果だと自負しております。

さて、副会長を15年、さらには第4代会長を15年お勤めくださり、本学会に言葉では表せないほどご尽力を賜りました吉田一衛前会長のご退任のおことばを拝読させていただきますと、本学会の30年の歴史はずっしりと重いものであるということを再認識させられました。その中でのテーマは、中・高・大の連携に始まり、課題研究からティームティーチング、コミュニケーション能力の育成、国際理解教育等へと推移しております。しかし中には、1988年の第17回研究大会(長崎大学教育学部)での「“使える英語”の指導をめざして」や、1998年の第27回研究大会(大分大学教育学部)における「小学校英語教育の可能性と課題」等は文部科学省が昨年7月に発表した「『英語が使える日本人』の育成のための戦略構想」と奇しくも重なるような気がしてなりません。このような客観的な視点に立ちますと、30年前の中・高・大の連携を「小・中・高・大」、いやさらに、「幼・小・中・高・大・社(会人)」の連携の輪へと拡大して行く必要があるのではないでしょうか。

 幸いなことに文科省も遠山大臣のご指導の下、自らも大変革しようとしているようです。

試験を例にとっても、高校入試、大学入試、さらには企業等の採用試験でも使える英語力の所持を重視するような検討をしているそうです。

 小学校英会話活動に関しましては手引の作成や今後の小学校英語教育の在り方等において、中学校との連携は絶対に回避できない問題です。そういう意味では、本会員の皆様方が、教育現場のみならず各地方自治体ともいかに関わっていただくかという点は、今後の重要な課題のひとつとなることでありましょう。

 最後になりますが、荒木忠久、陣内陽子両副会長の先生、ならびに各学会員の皆々様と共に、新会長の下一致団結し、日本の英語教育の発展にいくらかでもお役に立てればと思っております。何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。