第33回 長崎大会

2004(平成16)年12月12日

お礼と報告:長崎大会お疲れさまでした・来年度は佐賀大会です

                      九州英語教育学会 会長 大里 文人

平成16年も師走半ばとなりましたが、会員の皆様には期末を迎えてご多忙の中にもご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、先日12月5日(日)、第33回九州英語教育学会が県立長崎シーボルト大学を会場に小川直義実行委員長のもとで無事に盛会裏に終わりましたことを喜んでおります。会員および役員の皆様には、司会をはじめ質疑応答や積極的なご発言などを通してのご協力ありがとうございました。お陰様で、本年度は研究発表者数が21件、シンポジウムは「実践的コミュニケーション能力を伸ばす指導と英文法指導との関連性について」との時宜を得たテーマで時間を超過して盛り上がりました。心よりお礼申し上げます。
前日4日の役員会におきまして、
来年2005(平成17)年度は、佐賀研究大会ということで中村嘉宏実行委員長(佐賀大学)のもとで開催されることになりました。期日や場所は決まり次第お知らせいたします。また、2005年度全国英語教育学会は「札幌研究大会」(於 北海道教育大学札幌校、8月7-8日)です。その「課題研究(2年継続)」会場が九州地区担当ですが、大坪喜子先生(長崎大学名誉教授)をコーディネーターに「多読指導」のテーマで予定されています。また、2007(平成19)年度の全国英語教育学会は九州地区が担当になりますが、柳井智彦先生(大分大学)を実行委員長ということで快諾を得まして、御手洗靖先生(大分大学)とともに大分研究大会が決定されました。
なお、2年間学会を支え大変ご苦労をいただきました坂本育生事務局長(鹿児島大学)が交代の時期となりますが、幸いにもアダチ徹子先生(宮崎大学)の快諾を得まして、
来年度から事務局が宮崎大学に移ることになりました。アダチ事務局長には、前述大分での全国大会終了の2007年度まで3年間をお世話になることとなり、ご苦労が多いことと存じますが、会員を代表いたしましてよろしくお願いできればと思っている次第です。
さらに、役員人事では
新しく評議員に島谷浩先生(熊本大学)と山鹿由起子先生(長崎県立五島高等学校)が加わっていただけることになりました。また、大谷浩先生(北九州工業高等専門学校)には引き続き学会ホームページ担当をお願いできることになり、学会役員名簿に担当者名を載せることになりました。最後になりましたが、長年にわたり会員、事務局長、そして顧問としてご活躍いただきました後田冨久子先生が、神戸に転居され学会を退会することになりました。先生のご尽力に改めて感謝するとともに今後のご発展をお祈り申し上げます。
以上、長崎大会のお礼、役員会ならびに来年度以降のご報告をさせていただきました。それでは皆様には静かなクリスマスそして素晴らしい新春をお迎えください。



第33回 九州英語教育学会 長崎研究大会 プログラム

平成16(2004)年12月5日(日)開催
県立長崎シーボルト大学にて
実行委員長 小川直義 先生

受け付け:8:40~9:00
開会行事:9:00~9:20    司  会 :小川直義(県立長崎シーボルト大学)
(M203メイン会場)       会長挨拶 :大里文人(西南女学院大学)
                  会場校挨拶:武藤眞介(県立長崎シーボルト大学学長)           

研究発表  : 9:30~12:30(各教室)   
総  会   :13:30~13:50(M203)
シンポジウム:14:00~16:00(M203)
閉会行事  :16:10~16:30(M203)
懇 親 会  :16:40~18:00(県立長崎シーボルト大学生協 会費:3000円)

研究発表時間帯:「1」 9:30-10:00
           「2」10:00-10:30
            「3」10:30-11:00
           「4」11:00-11:30
            「5」11:30-12:00 
           「6」12:00-12:30


自由研究発表アブストラクトのページへ

第1会場(M202普通小教室)  司会者:森千鶴(福岡教育大学) 島谷浩(熊本大学)      

1:荒木忠久  菊地高等学校   英語I・IIにおけるエッセイ指導         
2:坂本育生  鹿児島大学    看護学科学生に対してのESP指導方略 -ニーズ分析を中心に-  
3:原 千里               高校3年生の英語学習の実態について      
                       -アンケート調査から見えてくるもの-      
4:横溝彰彦  久留米大学    「総合的な学習の時間」における英語活動のボランティア     
        (非常勤)      
5:Daniel   県立長崎シーボ  Critical Thinking:How It can Be Applied to Teaching       
  Krieger   ルト大学   

第2会場(M204普通小教室)  司会者:柳井智彦(大分大学) 阿部 弘(西南女学院大学)

1:御手洗靖  大分大学     日英バイリンガル児における2言語併用      
                      についてのデータ分析
2:柿元悦子  九州産業大学   TOEIC指導における学習効果の差:       
                      reception vs. production
3:柳井智彦  大分大学     練習時の応答時間がスピーキングテスト     
  上田洋子  三重東小学校   の成績に及ぼす影響
  小川正二  山浦小学校 
  小林真衣  大分大学大学院
4:William    県立長崎シーボ  Building Vocabulary through Study of Words Parts
  Pittman   ルト大学      
5:小川直義  県立長崎シーボ  日韓中の英語教科書における国別題材内容の研究      
           ルト大学     
  清永克己  飯塚日進館中学校
  山下 徹  熊本大学

第3会場(M201中教室)    司会者:陣内陽子(佐賀思斉中学校) 木下正義(福岡国際大学)

1:大里浩文  佐世保工業高等  リスニングにおける単数・複数への意識調査とその考察   
          専門学校                          
  大里文人  西南女学院大学
2:土屋麻衣子 福岡工業大学   英語力の高い学習者と低い学習者間の        
                      Demotivation要因の比較              
3:坂元真理子 鹿児島工業高等  高専の英語学習者の動機付けに関する研究      
           専門学校                              
  塚崎香織  鹿児島工業高等
          専門学校
4:中原由利香 九州産業大学   A Classroom Activity - Listening Practice        

5:吉重美紀  鹿屋体育大学   大学の共通教育に学生はどんな英語力を求めるか    
                      -工学部、水産学部、医学部1,2年生のニーズ分析から    

第4会場(M206中教室)    司会者:鈴木千鶴子(長崎純心女子大学) アダチ徹子(宮崎大学)

1:Amannda  宮崎国際大学   The Student's Published Voice            
Bradley
2:Robert   九州工業大学   The Perlocutionary Effects of OHP 
  Long                   Complaints in Conflict talk
 田吹昌俊  九州工業大学 
3:Jason    宮崎国際大学   Developing Content-Based Teaching:        
Adachi                  Learning to EXCEL in English            
4:中野秀子  九州共立大学   Web-English による技術英語教育           

5:金岡正夫  鹿児島工業高等  The Effects of CPBI in the Change of       
        専門学校        Language Learning Strategies among        
                      College ESP Learners
6:Melodie  県立長崎シーボ    Results of and Recommendations for      
Cook           ルト大学    an Extensive Reading               

シンポジウム題目:「実践的コミュニケーション能力を伸ばす指導と英文法指導との関連性について」

コーディネーター:大坪 喜子(長崎大学名誉教授)
 講    師 :大隈 重之(長崎県立大村高等学校教諭)
 講    師 :大下 晴美(福岡工業大学附属城東高等学校教諭)
 講    師 :大屋 茂正(長崎大学附属中学校教諭)
 講    師 :松本 勝男(長崎南山高等学校・長崎南山中学校教諭)
 講    師 :塚崎 香織(鹿児島工業高等専門学校講師)

サブページ (1): abstracts
Comments