abstracts

* 第34回佐賀研究大会 研究発表要旨 *


第一会場 研究発表1
英語学習ディモチベーション診断テストの効用について
土屋 麻衣子 (福岡工業大学)

英語力の向上を考えるとき、教師側からどのような働きかけが出来るかを我々はつい考えてしまうが、学習者自身が自分の問題点を把握し行動を起こさない限り、最終的な解決にはならない。さまざまな分野において、客観的に自分自身のことを見つめなおすツールとして、診断テストが多数存在するが、今回、英語学習への意欲があがらない学習者を対象としたWeb版診断テストを作成した。診断テストの結果に対し、学習者がどのような感想をもつのか、どのようなフィードバックを得るのかについてアンケートを行った。アンケート結果に基づき、診断テストの効用について考えてみたい。


第一会場 研究発表2
大学共通英語クラスの英語劇プロジェクトによる英語学習Beliefsに関する研究
石川 明子 (琉球大学非常勤)

本発表は大学英語共通科目クラスでの英語劇プロジェクトの前後に行なったBALLI調査(Horwitz(1987)使用)の結果を分析しプロジェクトの有効性を検証する。英語劇プロジェクトは、学生が自ら5分強の劇を執筆して英訳し覚え、お互いの発音をモニターしながら練習を行い、最後にクラスで発表する機会をもつという4技能全てを統合した課題である。その課題の前後で、BALLI調査項目の7領域:教師の役割、教授法と教室活動、言語学習の性質、文字学習、コミュニケーション志向、言語習得と英語、言語学習と文化、を主な観点としてこの課題前後の学習者の言語学習Beliefsを検討するものである。


第一会場 研究発表3
大学の必修英語の再履修学生に関する調査と考察
津田 晶子 (九州大学大学院・久留米大学非常勤)

大学生の学力が低下が進んでいると言われる昨今、大学英語教育の現場でも、到達度クラス・少人数クラスの編成、CALLシステムの導入など、様々な対策を講じ、きめ細かな対応をするケースが増えている。それでもなお、既定の成績を修めることができずに、再履修を余儀なくされる学生が存在する。この研究では、大学の必修英語の再履修クラスを受講する学生を対象とし、再履修者クラスの学生の特徴、大学英語の授業・教員に対する期待、英語学習歴、海外渡航歴等について、質問票を用いて、調査・分析を実施した。この調査結果を基に、大学英語教育の直面する課題について考察し、将来のカリキュラム開発について、提言をする。


第一会場 研究発表4
接辞の知識=or≠派生形の知識?―大学生英語学習者の語彙知識の特質―
坂田 直樹 (熊本学園大学大学院)

 Mochizuki and Aizawa (2000)は、日本人高校生・大学生の接辞の知識は50%台であると結論付けた。しかしながら、接辞の知識=派生形の知識としてよいであろうか。今回の実験では、単語の基本形のテストと派生形のテストを行い、接辞の知識を明確に持っていなくても、学習者が派生形の知識を持っている可能性があることを、熊本学園大学の学生74名を被験者として調査した。結果、3000語レベルの語彙を持っているものは、3000語レベルの派生形の83%を正解することが出来、2000語レベルの語彙を持っているものは2000語レベルの派生形の80%を正解することが出来た。この結果、明確な接辞の知識がなくても、基本形の単語の意味が分かれば、派生形についても意味が分かることが判明した。


第一会場 研究発表5
The Effects of Research Projects in Medical-and-Nursing-Focused ESP Classes
金岡 正夫 (鹿児島高専)

The purpose of the study was to explore whether research projects would be able to change some college learners’ attitudes toward learning ESP. The study aimed specifically to investigate the effects of inquiry-based research projects for the development of: (1) learner-centeredness, (2) language learning motivation in medical-and-nursing-focused ESP, (3) self-orienting mindful of the real world, and (4) language proficiency (vocabulary build-up). The study was conducted during one semester period (April 2005 through August 2005) at a national university, with about 90 first-year students from medical, and nursing and social welfare fields involved. Two ESP courses, one for medical majors (the treatment group) and the other for nursing and social welfare majors (the control group), were employed for the study. All the participants used the same materials (a textbook covering some medical, nursing, and environmental issues; the related handouts prepared by the researcher; and a specific American-English thesaurus designated for the ESP courses). Some research instruments, including an open-ended questionnaire and language proficiency tests, were developed and employed for qualitative and quantitative analyses. The results, discussion, and conclusion will be presented on that day.


第一会場 研究発表6
掲示板を使ったインターラクティブなライティング指導
中野 秀子 (九州共立大学)

Writing (英作文)は学習者が与えられた課題に対して異なった理解をし、異なった英語表現を使用するので個人差があり、限られた講義中の時間で十分に指導するのはなかなか難しい。
著者は工業英語検定試験3級の英作問題の指導で課題を掲示板に提出させ、クラス全体で共有し、代表的な問題点を指摘した後で各学習者に再提出をさせている。また、個人的なアドバイスが必要な場合も掲示板の返信機能を利用して掲示板上で行っている。
今回、著者が開発したWeb-Englishに掲示板機能「フォーラム」を加え同教材の文法編や工業英語模擬問題とリンクさせながら英作文の指導を行ったので、その内容の一部分を紹介し、課題や今後の利用計画などについて述べる。


第一会場 研究発表7
CALL教室におけるオートマティック・フィードバックの効果について
庄村 陽子 (久留米大学)

 我が大学にもこのたびCALLが導入され,従来の紙と鉛筆を使った指導法とは異なる,コンピュータの特色を生かした活用法を模索中である。そこで常に問題となるのがCALL教室での教師の役割で,それを少しでも明らかにすべく本研究では,TOEICの文法指導に焦点を当てて比較実験を行った。まず,クラスを2つのグループに分け,1つのグループはコンピュータ上でTOEICの文法問題に取り組み自動的なフィードバックを受ける。他方,もう1つのグループは紙で配られた問題に取り組み,教師によるフィードバックを受けるというものである。基本的にフィードバックとして与えられる内容は同じである。当日はSPSSを使った統計データを元に結果を詳しく提示する予定である。


第一会場 研究発表8
高専生の英語学習動機に関する実証的研究:進路に起因する学習動機の変化と相違について
棈松 伸二 (鹿児島工業高等専門学校)
坂元 真理子 (鹿児島工業高等専門学校)
塚崎 香織 (鹿児島工業高等専門学校)

本研究は北米モデルを用い、高専生の英語学習動機の構造を解明することを目的とし、特に彼らの学年や進路に焦点を当てて調査したものである。
 棈松ら(2005)は、職業科や普通科の学生とは違い高専生の英語学習動機には外発的動機の取り入れ制御と外発制御が存在していた原因として、学校での英語の位置づけと指導や保護者と学生の意識などが影響していると考えた。本研究ではこれを踏まえ、下級生と卒業を目前にした上級生との比較や、進路に対する考え方等に焦点を当て、学習者の環境の変化や違いの英語学習動機への関わりを調査する。
調査では対象の学生に、英語学習動機や進路に関する質問を行い、それらの関係について分析する。


第二会場 研究発表1
日韓の中学校英語教科書における発音指導の比較研究
小川 直義 (県立長崎シーボルト大学)
清永 克己 (飯塚日新館中学校)

本研究は、日本と韓国の中学校英語教科書において、発音練習がどのように扱われているかをある程度網羅的に調査し、その特徴について比較検討しようとするものである。取り上げられる項目は、(1)母音(Vowels)、(2)子音(Consonants)、(3)子音連結(Consonant Clusters)、(4)リンキング(Linking)、(5)同化(Assimilation)、(6)リズム(Rhythm)、(7)イントネーション(Intonation)である。母音・子音については発音練習の方法だけでなく、発音記号(Phonetic Symbols)がどのように使用されているかについても比較検討される。本研究を通じて、中学校英語教科書の発音練習の実態が明らかになり、今後の教科書作りの一助になれば幸いである。


第二会場 研究発表2
Developing Public Speaking Skills: A Presentation Laboratory Package
Jason Adachi (Miyazaki International College)

This presentation describes the construction and use of a simple presentation laboratory designed to assist students in the development of their presentation skills. With as little as a single video camera and a microphone, students working together can partake in intensive, live, presentation practice with immediate constructive feedback. Furthermore, individual presenters will be able to review their own presentations for self-evaluation.
The laboratory consists of sound and video recording hardware, and a package of materials to guide the development of presentation skills. Because students are often reluctant or unable to provide realistic, or helpful feedback, the package also includes guidelines and exercises relevant to the development of constructive feedback skills.
The laboratory package was initially intended to help students in the Educational Technologies & Techniques of Communication course -- part of the teacher-training curriculum at Miyazaki International College -- to become accustomed to speaking comfortably, clearly, and with authority before groups of people. However, care was taken to ensure that the contents of the package would be of value to students with a wide variety of public speaking goals.


第二会場 研究発表3
What Level of Final Attainable Goals Should Be Established in Elementary English Education? 
―Focusing on the Research Questionnaires from Elementary Teachers? 
Shigeaki Kishita (Graduate School, Kagoshima University)

This study deals with the level of English in elementary schools when English instruction is introduced as a regular subject to elementary schools. The appropriate levels of English proficiency in four language skills and international understanding are discussed based on the opinions and questionnaires from elementary teachers.
For this purpose, this present study set up three research questions in considering appropriate final attainable goals at elementary schools. They were (1) what differences do exist among teachers who have much time to teach English at elementary schools activities and those who do not, in four language skills and international understanding?, (2) do teachers establish final attainable goals of highly listening, speaking, and international understanding, and of lowly reading and writing?, and (3) what differences do exist among teachers who have many experiences to teach English activities ad elementary schools and those who do not, in four language skills and international understanding?. The research questionnaires were conducted to 231 elementary teachers in Kagoshima prefecture. The collected data were analyzed by ANOVA and frequency distribution.
As a result, the following findings were obtained. They were (1) significant differences were seen only in listening and speaking in the first and third researches, (2) any significant differences were not seen in reading, writing, and international understanding, and (3) when comparing with reading and writing, elementary teachers asked for high degree of proficiency in listening, speaking, and international understanding in the second research. Other salient findings that had not been expected were also found in the data analyses. They are also discussed later in this presentation.


第二会場 研究発表4
A Comparative Study in Public Senior High School Entrance Examinations in Japan and Korea 
― Focusing on Reading Comprehension Tests―
Megumi Tsukuya (Graduate School, Kagoshima University)

This study deals with reading passages in public senior high schools’ entrance examinations in Japan and Korea. “Eva Text Analysis” on the Internet by Kyoto Notredame Women’s University was used in this study. Nine items were examined; Token, Type, Type-Token Ratio (T.T.R), the number of sentence, the average number of words per sentence, pronouns, and subordinating conjunctions. Besides, two index grades were also introduced to see the readability of the reading passages. They were Kincaid and Fog Index.
As a result, several findings were obtained. For example, the number of Token and Types were higher in Japan than in Korea, and T.T.R. was higher in Korea than in Japan. As for ‘readability’ which indicates Index of the grade of reading difficulty, tests in Korea showed high value both in Kincaid and Fog Index. Therefore, reading passages in Korea showed more difficulty than in Japan.
More importantly, the tests in Japan consisted of long passages with 6-7 questions, whereas tests in Korea, short passages with a single question. Most reading passages in Korea consisted of a single paragraph with a single question, and the number of the passages is about 20. Therefore, examinees in Korea need to read the passages very fast within a limited time. Some other salient feature and pedagogical implications are also discussed in this presentation. 


第二会場 研究発表5
終戦直後の教科書に見る沖縄の初等学校英語教育
山内 進 (琉球大学)

 本発表は,終戦直後に沖縄の初等学校で使用された沖縄版Let’s Learn Englishの内容について分析,考察を行うものである。この教科書は,米軍や米軍基地の存在を無視できない当時の混乱期の中でsurvival Englishの習得を意図して,琉球政府文教局によって編纂された沖縄独自のものである。しかしながら,この教科書には,編者側の教材観やシラバス概念などが欠如していて,言語材料の精選や配列,LESSONの構成などに一貫性が見られず,教科書としての体裁は整っているとは言えない。ただ,物資にも乏しく,また専門家や指導者にも事欠いた当時の社会状況を考慮すると,この教科書を編纂した意義や関係者の努力は無視できないし,最近になって発見されたこの教科書の資料的価値は大変に貴重なものである。


第二会場 研究発表6
英作文コーパスのトピックと学習者要因分析 
柏木 哲也 (北九州市立大学)

学習者コーパスは近年、学習現場で文法指導、誤答分析、語彙習得、コロケーション指導など多岐に渡り応用されてきている。本研究は、①習熟度②話題③その他の要因別に英作文での使用語彙にどのような影響が現れているのかを調査し、考察することを目的とする。調査対象としたのは、高校生、高専生、大学生(日本人、母語話者)、高等学校の英語教師であり、話題をnarrativeとargumentativeなものに2分し習熟度を加味して分析する。分析方法は、1文語数、TTR(Type Token Ratio)、ワードリスト(特徴的な語)、リーダビリティー値などである。


第二会場 研究発表7
コミュニケーション教育としてのReading学習支援-概要、効果、課題
畠山 均 (長崎純心大学)

少子化、国際化、高学歴化等を背景として今日ほど大学教育の質が問われている時代はない。大学の役割はこれまでの研究中心から教育、それも学生の学習支援へと変わっていくべきと指摘されている。このような変化の中でコミュニケーション教育は外国語教育だけではなく、教育全般の中で大きな役割を果たすべきと筆者は考える。この発表では学生の学習支援(指導ではない)を目的とし、extensive readingを中心として、コミュニケーション教育の視点から再構築して実践してきたReadingの授業の概要、効果、課題を報告する。


第三会場 研究発表1
なぜ英語学習が嫌いになったのか?-実態調査から分かること-
原 千里

 昨年,公立高校3校の3年生784名を対象にしたアンケート調査を実施した。その調査によると,「英語学習が好き」24%,「英語学習が得意」10%にとどまっている。大半の生徒が,英語学習に満足をしていない実態が明らかになった。
 「英語学習嫌い」には様々な要因が考えられる。この研究では,英語学習が嫌いで不得意とする高校生にアンケート調査や聞き取りを実施してその結果を分析する。 そうしたことを通して,「英語学習嫌い」の背景を探る。


第三会場 研究発表2
日・英語における発音と文化の相違
蒲地 賢一郎 (鹿児島県立短期大学非常勤)

 英語の発音練習をする際,音の強弱を重視するよう指導されるが,この強弱を日本人に馴染みのある音の「大小」とみなしてみる。そうすると,bigはビーグと表わされるように「ビ」が大きく発音され,「グ」は小さく発音されて聞こえてくる。さらに強弱を「長短」と見なしてみると,Hideki Matsuiはヒデキー マツ(ゥ)―イと日本人の耳には聞こえてくる。
 文化の相違がことばに表わされていることがよくある。アメリカ人が家族を紹介する時I have a beautiful daughter.と言ったら,日本人は少し違和感を覚えるであろう。アメリカでは良いことはありのままに述べる文化があり,一方日本では,たとえ良いことでもそれを謙遜して述べる文化がある。この相違を理解していなければ異文化同士の人々の間で誤解が生じる。


第三会場 研究発表3
Picture Books as Effective Materials for Primary School Students
アラキマトゥカフ 直子 (The University of Melbourne)

Picture books are great teaching materials for teaching English to young learners. Since we are not bound by authorized textbooks for teaching English in Japanese primary schools, picture books can become a starting point for creating a world of English language in classroom. It is more effective to use educational drama activities based on a story, characters, and a scene of a picture book. Educational drama differs from theatre performances on the stage in that focus is on classroom activities. This method is now widely used in primary schools in Britain, North America, and Australia. I also recognised its benefit for students’ language improvement, both first and second languages. In the presentation, some educational drama activities for teaching English in Japan will be demonstrated based on a famous picture book, The Very Hungry Caterpillar. This unit of activities was actually implemented in the English language curriculum in a primary school in Fukuoka. 


第三会場 研究発表4
English Language Education in Mexico: Analysis of Secondary-School Level Textbooks
Hernandez, Isidro (Oita University, Graduate School)
Mitarai, Yasushi (Oita University)

In this paper we will talk about English language education in Mexico. The presentation will be divided into the following three topics with the greatest emphasis on the third: (a) Mexican educational system, (b) English programs in secondary school, and (c)textbooks used at secondary schools in Mexico.


第三会場 研究発表5
事例報告~家庭における幼児への英語の識字教育~
御手洗 靖 (大分大学)

日本人の父親(英語教師)による,家庭における英語の識字教育の一事例を報告する。アルファベットから始まって,文,文章に至る過程を,市販,自作を含めて使用した教材,方法,習得の難易などについてお話しする。記述的報告なので,数値的データは提示しない。


第三会場 研究発表6
A Classroom Activity for Reading Using Cloze Procedures 
Tadahisa Araki (Kikuchi Senior High School)

Reading techniques are essential for learning English. That is why there have been hundreds of researches and reports on developing reading ability and better comprehension. Above all, Tenma et al. (1989, 1992) made comprehensive research and suggested ingenious practical approaches for the improvement of reading.
I introduced into my class a reading activity which is prepared to motivate students to learn English and develop reading skills. I gave the students a cloze quiz at the beginning of every reading lesson for 4 months. My main purpose to use this procedure is to encourage them to focus on grasping the main idea of the passage from the context without paying too much attention to some words or grammatical structures they are unfamiliar with. When I prepared the cloze quizzes for reading, I tried to make the most of the redundancy of the text and enhance students' expectation or anticipation of what they are reading. I tried to involve them in accurate guessing based on better sampling techniques argued by Goodman (1967). In the process of quiz preparation I kept in mind lexical cohesion which is discussed by Halliday and Hasan (1976).
I will make a presentation on (1) how I invented my guessing game for reading. I will also make (2) an analytic research on the students' achievements in reading on the base of ACE tests performed by Association for English Language Proficiency Assessment.


第三会場 研究発表7
Task-based Learningを取り入れたコミュニカティブな授業の創造
永山 幸一 (嘉穂町立嘉穂中学校)

 日本にtaskという概念が導入されてから,さまざまな著書が出版されてきた。しかしながら,taskには様々なとらえ方があるので,きちんと整理しておく必要がある。もともとtaskとは,言語活動をよりコミュニカティブにするものであり,自由な言語使用を促進するものであり,インプットされた言語材料の中から,自分たちで意味や機能について気付き,実際に使うことで,理解へと繋げていくことを目指す会話活動を構成する話題のことである。このtaskの概念を生かした授業構成の方法として注目されているのが,task-based learningである。これは,単元の中で,あるtask(ここでは,解決しなければならない課題のことを指す)のゴールに向けて,言語材料に気づき,それを使って課題を解決していき,言語材料の理解と課題の達成を追及していくというものである。
 そこで,本発表では,まず数種類存在するtaskの定義を整理し,さらに日本で実践可能なtask-based learningのあり方を実際の中学校1年生の2学期に行った実践例をもとに考察していきたいと考えている。


第三会場 研究発表8
文法項目の意味的側面に焦点を当てた導入方法について
森山 恵子 (福岡教育大学大学院)
森 千鶴  (福岡教育大学)

コミュニケーション重視の指導が重視されるようになって久しい今、文法指導を見直す研究が多く行われている。それは、言語使用における正確さを身につけるためには言語規則を指導する必要があるとわかってきたからであるが、目標はコミュニケーション能力の育成であるので、以前のような教師主導の指導法へ戻るのは望ましくない。そこで本研究は、言語形式だけではなく意味や使用上の規則にも焦点を当てた文法規則の導入方法について考える。具体的にはwillとbe going toの意味や使用上の違いを、学習者自身に発見させる帰納的アプローチと、教師主導の伝統的な文法指導を行う演繹的アプローチで導入し、その結果を比較することにより、有効性を検証する。



第四会場 研究発表1
Japanese Students' Perceptions of Americans: A Case Study
Robert Long (九州工業大学)
Masatoshi Tabuki (九州工業大学)

The perceptions of Japanese students, who were going for a five-week study abroad program in the United States were studied. A semantic differential survey was used to investigate students' views of other Japanese and of Americans. These views were then compared to their views after they had returned from their study abroad program. Interviews and three student projects, related to the surveys, confirmed that except for three variables, students' perceptions were moderately changed. Research questions were then generated for further investigation.


第四会場 研究発表2
Second Language Reading: Learner Accounts of Reading Strategies
Stephen John Davies (Miyazaki International College)

Cognitive models of second language reading assume that learners use a variety of strategies when they read English. These strategies include, for example, top-down processing, prediction and inferencing. However, current research has indicated that low proficiency learners are not able to use these kinds of strategies. How, then, do such learners cope with the task of reading English?
This paper will report on the results of research into the reading strategies of 10 university students. These students were interviewed, and then their answers were transcribed and rewritten into mini-narratives. An analysis of these accounts revealed a dependence on (a) translation, and (b) parsing. Moreover, any new vocabulary that the students encountered was usually quickly forgotten. If ‘reading’ means the slow, mechanical translation of discrete sentences, students will not be able to guess the meaning of vocabulary from context, nor will they be able to understand larger units of discourse. These findings have important implications for the teaching of second language reading.


第四会場 研究発表3
Scholarship and Teaching Practices Combined: An Updated Case Study of Collaborative Interdisciplinary Team-teaching and its Effect on Students’ Academic Development
Amanda Bradley (Miyazaki International College)

The presentation will walk the audience through a brief explanation of the history and current implementation of team-teaching at MIC.
The speaker will first briefly explain the particularities of the team teaching system at MIC to distinguish it from other such systems which the audience may be familiar with. She will then show how the intrinsic dichotomy between researching scholars and language teaching practitioners is harnessed for the benefit of teachers and students alike when those scholars and practitioners come together to develop syllabi and lessons and teach at the same time, in the same room with the same students. 
The case study will include the view and comments of participants on both sides of the dichotomy, current and former students, statistical data and the presenter’s own perspective.
Both the ensuing challenges as well as the benefits of the system will be highlighted and the presentation will conclude with a summary of relevant areas of development such as in-house training and the orientation of new faculty. The presenter will add her thought for the future and her wish that members of the audience will be able to relate a unique teaching system to their particular academic situations.


第四会場 研究発表4
Study Abroad Preparatory Course
Sonia Matsumoto (Minami Kyushu Junior College)

Living in a different country, living in a strange culture, and living with an unfamiliar family can be overwhelming for a student studying abroad. Many schools have wonderful preparatory classes to help ease the often difficult acclimatization period. Naturally, when teaching differences in cultures, some things should be emphasized more than others; some lessons prove to be more useful than others. Feedback from students and host families helped determine which lessons should indeed be emphasized more than others. This and other comments from students will be discussed in this presentation.


第四会場 研究発表5
授業評価アンケートに見る看護英語授業のあり方の一考察
土持 かおり (鹿児島県立短期大学)

発表者の担当している看護専門学校の学生は,授業開始時ニーズ調査では,看護師の仕事に役立つ英語を勉強したいという意識が強い一方,基礎力(文法力)不足及び過去の文法・訳読中心の授業経験による英語授業への苦手意識が強い。発表者は,学習者(language learner)としての英語に対する苦手意識・基礎力不足を考慮し,また看護師(language user)としての英語のニーズ及び学習者の准看護師としての知識・経験を考慮に入れた授業作りを心がけている。今回の発表では,授業内容の工夫点を紹介するとともに,学生がこのような授業を学習者としてまた看護師としてどのように評価しているか,また現場でどのような英語力を必要と感じているか等について授業評価アンケートから得られた結果をもとに報告したい。


第四会場 研究発表6
異文化比較からみたキリスト教,仏教,イスラームの文化
吉田一衛 (福山大学)

 地球社会を前提とした多文化共生社会へ向けた教育が必要とされている。その中心に異文化比較が位置づけられなければならない。これまで,英語目的論の中で,十字架のイエス,唯一絶対神によるヨーロッパ文化,釈迦の涅槃,大乗仏教の価値多元性,慈悲による仏教文化について触れてきた(九州英語教育学会紀要 第29,30,32号)。現在,欧米の文化だけでなくイスラーム文化を抜きに世界が語れない時代になっている。一神教を重視するキリスト教とイスラーム,多神教を基盤とする仏教文化について,歴史的,地理的,社会的観点から深く考察することにより,英語教育におけるこれば文化の意義について明らかにしたい。


第四会場 研究発表7
高校における英語語彙指導-単語帳の活用と工夫-
隈 慶秀 (福岡県立明善高等学校)

 語彙の学習では繰り返し学習が必要なのは異論のないことである。学習したものの八割が24時間後には記憶から消えてなくなると言われる。ところが高校段階では大学入試に対応するためには,中学校と比べものにならないくらいの語彙を学習しなければならない。そのために生徒の中には学習意欲そのものをなくし,英語学習に消極的になる傾向の生徒もいる。本発表では自立的学習者を目指した語彙学習を中心として,学習意欲を高める方法の一つとして単語帳の活用と工夫を考察する。
Comments