第34回  佐賀研究大会

シンポジウムのタイトルとパネリストの所属校に一部訂正があります。 (10月20日)



発表のアブストラクト


                                                     平成17年10月7日
九州英語教育学会会員各位                                   
                                                  九州英語教育学会会長 大里 文人



秋涼の候,皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。さて,下記の通り九州英語教育学会 第34回佐賀研究大会を開催いたします。どうぞ奮ってご参加ください。

日 時: 平成17年11月27日(日) 9:00-16:40
会 場: 若楠会館 (佐賀市城内1-3-13 TEL 0952-29-2233)
後 援: 佐賀県教育委員会,佐賀市教育委員会
参加費: 会員 無料(会費未納者は納入してください。)  一般 500円


日 程 (Schedule):

8:30- 受付 (Reception)
9:00-9:20 開会行事 (Opening Ceremony)
       会長挨拶 
       会場校挨拶: 辻 健児 (佐賀大学文化教育学部長)
9:30-12:00 研究発表 (Presentations)
12:00-12:50 昼食 (Lunch Break)
12:50-14:20 研究発表 (Presentations)
14:25-14:55 総会 (Members’Meeting)
15:05-16:35 シンポジウム (Symposium)
16:35-16:40 閉会行事 (Closing Ceremony)
16:50- 懇親会 (After-Conference Party)

*昼食と懇親会について

弁当800円,懇親会(若楠会館内にて)は4500円で受け付けております。事前に申し込まれた方に限ります。当日の申し込みはできません。メール,ファクス,電話,郵送などで11月18日(金)までに事務局(アダチ)にお申し込みください。

*研究発表をなさる方へ

ハンドアウトを配布する場合は,40部程度ご用意ください。

●The 34th annual conference of the Kyusyu Academic Society of English Language Education will be held on November 27th at Wakakusu Kaikan (Jonai 1-3-13, Saga-shi, TEL: 0952-29-2233) in Saga City. Non-members can attend for 500 yen admission. 

●Reservations for boxed lunches (800 yen) and the after-conference party (4500 yen) can be made by telephone, fax, email or post by November 18th. Reservation will NOT be accepted after this date. 

●Presenters: if you plan to distribute handouts, please prepare copies sufficient for 40 people.

九州英語教育学会事務局 アダチ徹子 (ADACHI Tetsuko, Office Coordinator)
889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
宮崎大学教育文化学部
TEL & FAX 0985-58-7446
Email office@kasele.org

889-2192 1-1 Gakuenkibanadai-nishi, Miyazaki-shi
University of Miyazaki
Faculty of Education and Culture


★ 研究発表 Presentations ★

9:30-10:00 Presentation 1
10:00-10:30 Presentation 2
10:30-11:00 Presentation 3
11:00-11:30 Presentation 4
11:30-12:00 Presentation 5

12:50-13:20 Presentation 6
13:20-13:50 Presentation 7
13:50-14:20 Presentation 8

発表要旨は10月下旬頃学会ウェブサイトに掲載いたします。(http://www.kasele.org/)

第一会場 (Presentation Room 1)

  

発表者

発表タイトル

1

阿部弘

(西南女学院大学)

 

 

高梨芳郎

(福岡教育  大学)

土屋麻衣子 (福岡工業大学)

英語学習ディモチベーション診断テストの効用に   ついて

2

石川明子 (琉球大学非常勤)

大学共通英語クラスの英語劇プロジェクトによる英語学習Beliefsに関する研究

3

津田晶子 (九州大学大学院,

久留米大学非常勤)

大学の必修英語の再履修学生に関する調査と考察

4

坂田直樹

(熊本学園大学大学院)

接辞の知識=or派生形の知識?-大学生英語学習者の語彙知識の特質-

5

金岡正夫

(鹿児島工業高等専門学校)

The Effects of Research Projects in Medical-and-Nursing-Focused ESP Classes

6

大谷浩

(北九州工業高等専門 学校)

 

中野秀子 (九州共立大学)

掲示板を使ったインターラクティブなライティング指導

7

庄村陽子 (久留米大学)

CALL教室におけるオートマティック・フィードバックの効果について

8

棈松伸二,坂元真理子,塚崎香織(鹿児島工業高等専門学校)

高専生の英語学習動機に関する実証的研究:進路に起因する学習動機の変化と相違について

 

 

 

第二会場 (Presentation Room )

  

発表者

発表タイトル

1

山内進

(琉球大学)

 

小川直義

(県立長崎 シーボルト  大学)

小川直義

(県立長崎シーボルト大学)

清永克己 (飯塚日新館中学校)

日韓の中学校英語教科書における発音指導の比較 研究

2

Jason Adachi

 (Miyazaki International College)

Developing Public Speaking Skills: A Presentation Laboratory Package

3

木下茂明 (鹿児島大学大学院)

What Level of Final Attainable Goals Should Be Established in Elementary English Education?  -Focusing on the Research Questionnaires from Elementary Teachers-

4

佃屋恵美 (鹿児島大学大学院)

A Comparative Study in Entrance Examination of Public Senior High Schools in Japan and Korea -Focusing on the Reading Comprehension Tests-

5

山内進 (琉球大学)

終戦直後の教科書に見る沖縄の初等学校英語教育

6

樋口晶彦

(鹿児島大学)

柏木哲也 (北九州市立大学)

英作文コーパスのトピックと学習者要因分析 

7

畠山均 (長崎純心大学)

コミュニケーション教育としてのReading学習支援

概要,効果,課題

 


第三会場 (Presentation Room )

  

発表者

発表タイトル

1

御手洗靖

(大分大学)

 

島谷浩

(熊本大学)

原千里

なぜ英語学習が嫌いになったのか?

-実態調査から分かること-

2

蒲地賢一郎

(鹿児島県立短期大学非常勤)

日・英語における発音と文化の相違

3

アラキマトウカフ直子

(The University of Melbourne)

Picture Books as Effective Teaching Materials for Primary School Students

4

Hernandez, Isidro

(大分大学大学院)

御手洗靖 (大分大学)

English Language Education in Mexico: Analysis of Secondary-School Level Textbooks

5

御手洗靖(大分大学)

事例報告~家庭における幼児への英語の識字教育~

6

陣内陽子

(佐賀市立  加唐中学校)

Tadahisa Araki

(Kikuchi Senior High School)

A Classroom Activity for Reading Using Cloze Procedures

7

永山幸一 (嘉穂町立嘉穂中学校)

Task-based Learningを取り入れたコミュニカティブな

授業の創造

8

森山恵子 (福岡教育大学大学院)森千鶴 (福岡教育大学) 

文法項目の意味的側面に焦点を当てた導入方法に

ついて

 

 

 

第四会場 (Presentation Room )

  

発表者

発表タイトル

1

Robert Long

(九州工業  大学)

 

柳井智彦

(大分大学)

Robert LongMasatoshi Tabuki(九州工業大学)

Japanese Students' Perceptions of Americans: A Case Study

2

Stephen John Davies

(Miyazaki International College)

Second Language Reading: Learner Accounts of Reading Strategies

3

Amanda Bradley

 (Miyazaki International College)

Scholarship and Teaching Practices Combined: An Updated Case Study of Collaborative Interdisciplinary Team-teaching and its Effect on Students Academic Development

4

Sonia Matsumoto

 (Minami Kyushu Junior College)

Study Abroad Preparatory Course

5

土持かおり

(鹿児島県立短期大学)

授業評価アンケートに見る看護英語授業のあり方の

一考察

6

大坪喜子

(長崎大学  名誉教授)

吉田一衛 (福山大学)

異文化比較からみたキリスト教,仏教,イスラームの 文化

7

隈慶秀 (福岡県立明善高等学校)

高校における英語語彙指導 

―単語帳の活用と工夫―

★シンポジウム★ 15:05-16:35

「シラバスと英語の指導(訂正 10月20日)

コーディネーター   中村 嘉宏 (佐賀大学)

パネリスト                田中 裕子 (佐賀市立本庄小学校)

                                 本村 一浩 (佐賀市立本庄小学校)

                                 大藪 日左恵 (佐賀市立諸富中学校)(訂正 10月20日)

                                 徳永 智浩 (佐賀県立伊万里高等学校)

★懇親会★ 16:40- ) 若楠会館内にて

若楠会館のご案内★

郵送した地図をご参照下さい。


                                                                 2005年6月25日

九州英語教育学会 会員各位

                                                         九州英語教育学会会長 大里文人


第34回 九州英語教育学会 佐賀研究大会 研究発表申込のご案内


梅雨空に木々の緑が濃くなる季節となりましたが,会員の皆様にはお変わりありませんでしょうか。

さて,九州英語教育学会の第34回研究大会を,11月27日(日)に,佐賀市内の若楠会館(http://www.chikyosai.or.jp/wakakusu-kaikan/)において開催いたします。大会実行委員長の中村嘉宏先生のご尽力で準備を進めていただいているところです。つきましては,研究発表を以下の要領で募集いたします。どうか奮ってご応募ください。

以前,ホームページなどで,会場を佐賀大学の予定であるとお知らせいたしましたが,変更されましたのでどうぞご了承ください。また,会場の駐車スペースは限られておりますので,公共の交通機関でご来場されますようあらかじめご計画ください。

応募方法 

●以下の必要事項を記入して,ファクス,郵送,またはメールで下記の事務局までお送りください。

●メールの場合は,添付ファイルでなく,すべてメールの本文にご記入ください。

●発表申し込みを頂きましたら,事務局から確認のためメールでご連絡いたします。申込み後一週間ほど経っても返事が届かない場合は,お手数ですがお問い合わせくださいますようお願いいたします。

  ◎記入事項

1 発表者氏名 Name(s) of presenter(s)
*複数の時は全員ご記入ください。Please print all presenters’ names in full.
2 所属 School/Institution 
3 連絡先 Address, Email address, Telephone number
4 発表題目 Title of presentation
5 使用機器 AV equipment needed
6 発表要旨 Abstract (和文300字程度,英文200語程度 Approximately 300 letters in Japanese, or 200 words in English)

発表時間

研究発表20分,質疑応答10分の計30分

締 切
9月17日(土) 

●The 34th annual conference of KASELE will be held at Wakakusu Kaikan (http://www.chikyosai.or.jp/wakakusu-kaikan/) in Saga City on November 27th, 2005. We are now accepting applications for conference presentations. To apply, fill out the enclosed form and send it by mail or fax to Tetsuko Adachi, the KASELE Office Coordinator. Email submissions are also welcome, but please be sure to include all required information in the body of your email message. The time allotted for each presenter (or group of presenters) is 30 minutes: 20 minutes for presentation and 10 minutes for the following Q & A session. The submission deadline is September 17th. After the Office receives your application, a confirmation email message will be sent. If you do not receive a confirmation message within 7 days, please contact the Office Coordinator.

● Wakakusu Kaikan has limited parking available, so we would like to encourage attendees to plan on using public transportation. 

送付先:九州英語教育学会事務局 アダチ徹子 (ADACHI Tetsuko, Office Coordinator)
889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
宮崎大学教育文化学部
TEL & FAX 0985-58-7446
Email office@kasele.com

889-2192 1-1 Gakuenkibanadai-nishi, Miyazaki-shi
University of Miyazaki, Faculty of Education and Culture

サブページ (1): abstracts
Comments