第40回 九州英語教育学会 宮崎研究大会 研究発表要旨

 
 
第40回 九州英語教育学会 宮崎研究大会 研究発表要旨

第一会場(小講義室1) 研究発表1 10:00-10:30

The Pedagogical and Curricular Implications of a New Course of Study

金岡正夫(鹿児島大学)


The aim of this study is twofold. Firstly, it identifies the purposes and goals of the New Course of Study (Shin Gakushu Shido Yoryo) beyond classroom-based learning contexts. Secondly, it provides pedagogical and curricular suggestions aimed at articulating the arguments that support the New Course of Study in light of English as an international language (EIL), as opposed to the conventional concept of English as a foreign language (EFL). In terms of research background, global language policies, including the Common European Framework of References for Languages (CEFR), underscores content-based authentic language as a medium to foster global citizenship, rather than form-focused linguistic fluency and accuracy. In other words, language learners undertaking EIL are expected to become proactive social agents adept in negotiating meaning by clarifying who they really are, while being open-minded to different socio-cultural values. The core concepts of the New Course of Study embrace this notion, aiming at a language learners’ developed communicability through their social awareness, their language awareness, and their successful self-development (i.e., metacognitive engagement). Following this supposition, it is implied that curricular and pedagogical frameworks anchored in socio constructivism, as opposed to the long-standing behaviorism model, need to be developed, implemented, and assessed in suitable EIL learning environments in conjunction with effective collaboration with ALTs.




第一会場(小講義室1) 研究発表2 10:35-11:05

Writing Instruction to Develop Writing Strategies, Metacognition, and Self-Efficacy of Japanese Senior High School Students

長友 隆志(宮崎県立高千穂高等学校)


The aim of this research is to examine how students improve their writing abilities, writing strategies, metacognitive strategies, and self-efficacy, through the instruction in a writing class. The students will take two writing tests before and after the study period to measure the degree of improvement of their writing abilities. Two kinds of questionnaires (scales) will also be used to investigate the students' writing strategies and writing self-efficacy before and after the study period. The results of the questionnaires will be analyzed, using statistical analysis. Except for the two writing tests, approximately five writing topics will be given over eight weeks for the students to be involved in writing activities. Before the participants practice their writing, they will be taught writing strategies such as paragraph writing, error correction, and the evaluation of writing. In the modeling of writing strategies, teachers also show the students some writing samples that are written by the ALT and the JTE or chosen from the textbook. The model writings give the students the opportunity to think of the structure of writing. After writing activities, the teachers will encourage the students to reflect on their writing process, using a writing journal. The teachers give feedback to the students' writing journals in addition to their writings. The writing journal will help students to improve their use of metacognitive strategies. Thus the two kinds of questionnaires, students’ writing self-efficacy and writing strategies, are analyzed as quantitative research, and their writing journals are examined as qualitative research to observe the process of metacognitive strategies through the writing classes and practices. The correlations between students’ writing self-efficacy, writing strategies, and writing journals (metacognitive strategies) are reported in this presentation.

Developing Autonomous Learners Through Pre-University English Education




第一会場(小講義室1) 研究発表3 11:10-11:40

CEFRから日本の言語教育を考える ― 複言語・複文化主義は文脈化可能か

柿元悦子(九州産業大学)


本発表では、昨今注目を集めている『ヨーロッパ共通参照枠』(CEFR)についてその本質を改めて検討し、日本の言語教育に対して示唆するところを明らかにしたい。欧州評議会によって設定された言語教育政策であるCEFRは、言語・文化の多様性を受容し、複数言語によるコミュニケーション能力を獲得することはあらゆる市民の権利であるとし、その複数言語能力を保障することによって民主的市民性を確立し、欧州社会の結束を築いていこうという根本理念を持つ。これはグローバル化した今日において、普遍的価値であると言えよう。日本の言語教育においていかにこれらの理念を活かし、社会的に行動する“social agent”としての学習者を支援できるのかを検討する。




第一会場(小講義教室1) 研究発表4 11:45-12:15

中学生対象の英語キャンプで得られる英語学習への動機付け -東京都荒川区の実践を通して

東 仁美(聖学院大学)


東京都荒川区では、8月下旬に中学2年生20名を対象とした四泊五日の英語キャンプを主催している。中学生5人にALT1名が配属され、一日中英語に浸る生活をする中で、中学生の英語に対する動機付けがどのように変化するかを考察する。英語キャンプ初日・最終日に行ったCan-do評価とキャンプ参加2ヶ月後のインタビュー調査を元に、英語でのコミュニケーションの場を与えることが英語学習への意欲付けにどのようにつながるかを検証する。また、荒川区では、小学校6年生対象の英語キャンプも行っており、今年度の参加者の約7割は2年前にもこのキャンプに参加している。発表では、小学校段階での英語活動の体験が中学校での英語学習に与える影響についても言及したい。




第一会場(小講義室1)研究発表5 13:15-13:45

ESP教育の研究と開発-海事英語を出発点として-

坂本育生(鹿児島大学)


 少子化による18歳人口の減少により、2007年を境として、ついに大学全入時代が到来した。以来、大学生の学力とモティベーション低下、学力の二極化が叫ばれて久しい。大学卒業生のTOEIC平均点も、2000年の450点から、2010年で460点となったが、ほとんど向上がみられない。このような厳しい状況の中で、学生の実践的な専門教育と英語教育とを有機的に結合させたESP(English for Specic Purposes:特殊目的のための英語教育)が注目を集めている。

 発表者は、まず2010年度において、水産学部教員と学生に対して、ニーズ分析を行った。その後、そのニーズ分析を元に、水産学部学部生に対して、海事英語(Maritime English)を題材として、出来るだけ実践的な授業を行った。その結果と詳細は研究大会で述べるが、個人差はあるものの、発表者が実施したG-TELP(General Testsof English Language Proficiency)のレベル3(英語検定2級、TOEIC500点程度)において、かなりの学力の向上がみられた事例もあった。

 要約すると、本研究発表は、本来英語力が低いといわれる水産学部の学生に対し、彼らの専門教育の一部である海事英語を通して、英語力の向上を実現した研究発表である。大学のみならず、普段の授業において学生のモティベーション低下に悩んでおられる先生方の御参考になれれば幸いである。




第一会場(小講義室1)研究発表6 13:50-14:20

中国と日本の小学校英語教育の比較――教員の意識調査について

王 ショウ(長崎大学大学院生)


アジアの国々では外国語教育の改革が進められ、2001年から小学校での英語教育が始まった中国では、紆余曲折はあるが一定の成果を上げてきたと思われる。日本では今年度4月から小学校5年生と6年生に「外国語活動」が必修化された。半年が経過した時点で、現場の教員はどのような感想を持ち、どのような悩みを抱えているかを調査するために、長崎市の小学校の外国語活動担当教員にアンケートを行った。この調査結果をまとめるとともに、同様のアンケートを中国でも行い比較検討する。その際に中国の教員たちは今までどのような問題を抱え、それらをどのように解決していったのか明らかにしたい。それによって、外国語指導に関する豊かな実践力を養成し、教えることに対する自信を持つためにはどうすればよいかを考察する。




第二会場(小講義室2) 研究発表1 10:00-10:30

母語の心内辞書と第二言語の心内辞書

折田 充(熊本大学)・小林 景(統計数理研究所)

本研究は,日本人英語学習者の心内辞書内の意味的クラスタリング(意味的に関連する単語群がグループ化されたもの)構造について,母語 (L1) と第二言語 (L2) 間の関係を解明することを目的 とする。そのために,日本人英語話者(大学1年生)30名に,対応する訳語関係にある日本語および英語の単語群(50個の高頻度名詞)をそれぞれ用いた仕分け課題 (sorting task) を課した。発表では,L1 と L2 の心内辞書の関係について,①個人デンドログラム(個人距離行列)間に計量的な差異はあるか,②群デンドログラム(群全体のデンドログラムの距離行列)間に計量的な差異はあるか,また③群デンドログラム間に質的な差異は存在するかといった問題について解析結果を報告する。




第二会場(小講義室2) 研究発表2 10:35-11:05

Going beyond academic English: a targeted program to develop EAL student autonomy at an Australian university

Kayoko Enomoto(The University of Adelaide)・Richard Warner(The University of Adelaide)


International EAL (English as an Additional Language) students arriving in Australian universities face various challenges operating both in a foreign language learning environment and in a different academic culture with its myriad expectations. In order to orientate students to such challenging learning scenarios, EAP transition programs have focused on a binary of language and academic skills development. However, such a binary can be limiting if it does not provide significant opportunity for students to develop their understandings through an unpacking of those values and expectations underpinning the system. One such integral value of the Australian higher education system is student autonomy in learning. Introduction of the value of autonomy with incoming EAL students becomes most meaningful to students, if it provides staged pathways to understanding why autonomy is key to their success. The Introductory Academic Program (IAP), an intensive pre-semester program for EAL students, has a substantial focus on scaffolding student autonomy so students can rapidly achieve successful learning outcomes. This paper discusses mechanisms for developing contextually transferable autonomy in IAP students, including response to/initiation of feedback, organisation and delivery of a one-day conference, and adoption of a reflective personal learning plan. Usability over and beyond the IAP is also explored. Feedback from formal course evaluations indicates that the staged autonomy motivates students for further development of autonomous learning, and consequently meaningful language skills development.




第二会場(小講義室2) 研究発表3 11:10-11:40

多読学習支援へ向けたコーパス分析

川北直子(宮崎県立看護大学)・白坂佳代(宮崎県立看護大学)

現在、中学・高校の必修語彙は約2300語と されながら、大学生が多読学習の中で2300語より低いレベルの本を読むのに苦労する という現実がある。一方で、英語母語話者の話し言葉に使われる語彙は7,000語、新 聞・小説では8,000-9,000語 が使われている。本研究の目的は、多読学習を補う意図的学習支援について、さらに3000語 レベルの本を読めるようになった学習者が7,000-9,000語レベルとのギャップ を埋めるために必要な多読学習支援について、考察することである。分析にはコーパス分析の手法を用い、Graded Readers(GR)テクストに頻出するコロケーションを抽出すると共に、GRテ クストには見られないがネイティブ向け書き言葉には頻出する語彙、コロケーションを抽出、特徴を分析する。




第二会場(小講義室2) 研究発表4 11:45-12:15

英語が苦手な大学生の英語基礎力調査―中学レベルの文法事項の知識について―

土屋麻衣子 (福岡工業大学)


 英語が苦手な大学生は、中学レベルの文法事項の知識をどれぐらい、どのように身につけているかを把握するための調査を実施した。知識の有無および正誤に焦点を当てることを意図したので、選択肢のあるテスト形式ではなく、例えば「is, am ,areはどのように使い分けるか。」、「現在完了形はどういう場合に用

いるか」、「節とは何か」というような質問で構成される記述式の調査紙を作成した。発表では、各質問項目に対する正答率や記述内容を集計したものを提示し、調査結果を報告する。今回の調査では、時の表し方(現在、過去、未来、進行形、現在完了形)、語の種類(名詞、代名詞、形容詞、副詞、助動詞、接続詞)を取り扱った。




第二会場(小講義室2)研究発表5 13:15-13:45

英語教育における小中接続のあり方に関する研究:中学入学時の調査結果を基に

伊藤晃浩(鳴門教育大学大学院生)

平成24年度に中学校において新学習指導要領が全面実施となる。今年度必修化となった小学校外国語活動では,多くの学校で子ども達は「英語ノート」の内容や基にした学習をしているが,実際には学校や地域によって,予習の内容や指導方法についてバラツキが見られるのも現実である。中学校では,この状況に対応した授業づくりが求められている。そこで,本研究では,鳴門教育大学附属中学校に協力を得て,外国語活動を経験した中学1年生対象に入学の段階では,「音声や基本的な表現に慣れ親しむ」活動や「書き写す」活動を通して,どのようなことが記憶に残っているか,できるかを把握する調査を実施した。この調査結果を基に現状に応じた指導の在り方を検討し,授業実践を行った。本発表では,この調査結果及び附属中学校における授業実践例を紹介する。




第二会場(小講義室2)研究発表6 13:50-14:20

生徒の英語学習意欲に関わる教師要因の高低グループ比較 ―高校生の場合―

渡辺正隆(専修大学付属玉名高等学校)


  英語学習意欲に影響を与える教師側の原因とは何かを検証するための質問紙調査を、高校生468名(1~3年生)に行った。その結果を基に、教師に関わる各因子と生徒の「英語授業に対する姿勢」「英語学習に対する姿勢」「英語学習努力」との関係を、英語力の高低グループそれぞれに、相関分析および、重回帰分析により検証した。顕著な結果として「英語学習に対する姿勢」では、高グループに「強圧的な姿勢」がマイナス影響を与えており、低グループのそれには、「きめ細かな指導」がプラス影響を与えている。また、「英語学習努力」では、高グループに教師要因の影響は見られないが、低グループのそれには、「過度の干渉」がプラス影響を与える結果が現れた。高グループの自律性、低グループの依存性がうかがえる。




第三会場(小講義室3) 研究発表1 10:00-10:30

Components of the abilities measured in the TOEIC listening section

佐取美紀(熊本大学大学院生)  


TOEIC listening test forms are designed to measure the listening abilities of English as an L2 identified in 4 claims. Claims 1 and 2 are related to the ability to infer the gist, purpose and basic context based on the information that is explicitly stated in short and extended spoken texts respectively. Claims 3 and 4 are related to the ability to understand details in short and extended spoken texts respectively. The present study aims at examining the unique contributions of L2 linguistic knowledge and psycholinguistic skills to the abilities measured in the TOEIC listening section. For the purposes of the study, 149 Japanese EFL learners were administered to the TOEIC listening test and a battery of measures. The results of the multiple regression analysis confirmed that L2 vocabulary breadth, L2 syntactic knowledge, L2 phonological modification knowledge were generally the significant predictors of each of the four listening abilities for 48 higher-level listeners. On the other hand, in the case of 48 lower-level listeners, L2 metacognitive knowledge, L2 syntactic knowledge, L2 sentence stress awareness, working memory were the most significant contributors to the listening abilities identified in the claims 1, 2, 3, and 4 respectively. These findings provide some insight into how listeners at different proficiency levels process the language.




第三会場(小講義室3) 研究発表2 10:35-11:05

名詞句の複雑さと発話のplanning scopeに関する心理言語学的実験

柳井智彦(大分大学)


 次の2つの文を表す絵を示した時,絵を描写し始めるまでの潜時は異なる。

 (1) The dog is above the desk and the tree.

(2) The desk and the tree are above the dog.

 母語の場合,2つの文の長さは同じであるにもかかわらず,(2)の方が(1)よりも言い始めるまでの時間が長い。もし,文を発話するときの処理が1語毎になされて次に進むという方式(incremental)であるならば,言い始めまでの潜時は同じであるはずなのだが,実際は(2)が長い。これは,発話時のplanning scopeが句(この場合,主語の名詞句)単位でなされているからであろうと推察される。本研究では,英語学習者に同様の実験を行った結果に基づいて,外国語発話のメカニズムを探る。




第三会場(小講義室3) 研究発表3 11:10-11:40

The language of Parasitology: a word list

本部エミ(宮崎大学大学院生)

The purpose of this study is to provide students, researchers, or editors of non-native speakers (NNSs) of English to learn and comprehend English efficiently in the specific area of parasitology – a sub-division of infectious diseases of medical science. The reason for this study in parasitology is that the majority of students and researchers in this field are NNSs. This paper is established by conducting a corpus-based lexical study of 30 medical research articles from the Parasitology International. A list of a total number of 106,539 running words (word tokens) and 9110 word types generated from these medical research articles (RAs) on parasitology were analyzed. This list then was compared to the General Service List (GSL) and Medical Academic Word List (MAWL) among others as well as Top 50 words of Vocabulary Access Ranking in the subject area of parasitology from Weblio: an online English - Japanese/Japanese - English Dictionary. A word list of the frequently used academic and technical words on parasitology was established after removing duplicated words from the above mentioned academic word lists. The result of this study – word list, hopefully can be utilized as a reference guide for studying, editing or teaching in English for Medical Purposes (EMP) in the specific discipline of parasitology.




第三会場(小講義室3) 研究発表4 11:45-12:15

On a Teaching Procedure for Improving Reading Skill With the use of the Cooperative Learning.~新学習指導要領を踏まえて~

石橋俊(佐賀県立白石高等学校)


新学習指導要領への移行が目前に迫ってきた。

教師たちのコミュニケーション重視の授業を行わなければならないプレッシャーと、大学入試対策との矛盾の中での苦しみは計り知れない。とくに、センター試験では近年、長文化している状況にある。この中で、読解力を伸ばしながら、コミュニケーション能力を伸ばすとなれば、指導が難しい。

そこで、今回は生徒たちの英語の授業に対する要望を明らかにすると共に、いち早く新学習指導要領を取り入れ、今後の英語の授業にどのような効果をもたらすのか、

コミュニケーション能力を向上させながら大学入試の対応をすること(特に長文読解)は可能なのかを実証したい。




第三会場(小講義室3)研究発表5 13:15-13:45

日本人大学生における冠詞の熟達度

保家信太郎(九州産業大学)


冠詞は日本人大学生にとって最も難しい文法項目の一つである。そこで今回は、日本人大学生の冠詞における熟達度に関する実験の結果について発表する。被験者は英語の母国語話者10人、日本人英語教師4人、日本の大学に在籍する学生118人の計132人である。被験者に文章中の空欄に入る適切な冠詞 (「a/an」「the」「冠詞なし」のいずれか) を選んでもらうテストを実施し、ANOVA、多重比較、Rasch分析により分析した。テストの正答率は54.89%、標準偏差は6.86、受験者信頼性は0.68であった。また、定冠詞の正答率は64%で不定冠詞 (54%) や冠詞なし (51%) より高かったが統計的に有意ではなかった。




第三会場(小講義室3)研究発表6 13:50-14:20

英語ライティングにおけるピア・レビュートレーニングの効果

組島枝莉(熊本県立大学大学院生)


  ピア・レビュートレーニングの効果を検証したMin(2005,2006,2008)の研究に基づき,日本人大学生14名を対象にピア・レビュートレーニングを実施した。トレーニングは2500字程度の英語論文作成に取り組むライティングの授業の中で行った。学習者は約3か月の間に3回のピア・レビューを行った。トレーニングの効果を様々な側面から分析したが,今回の発表ではトレーニング前後で実施したレビューの比較を行う。学習者はPretestとして250字程度の文章をトレーニング前にレビューし,3か月後,同じ文章を再度Posttestとしてレビューした。この二つのデータを比較し,学習者のレビューの仕方や内容の変化について報告する。




第四会場(小講義室4) 研究発表1 10:00-10:30

高校生を対象にしたTop-down的アプローチとBottom-up的アプローチを融合したリーディング指導

永山 幸一 (福岡県立大牟田北高等学校)


 高校では中学校までと比べて、よりリーディングに関する指導が増えてくる。しかし、高校生にもなると、学力差も大きくなり、英文がそもそも読めない生徒も教室の中に現れてくる。このような生徒たちに対する効果的なリーディング指導とはどのようなものがあるかについて実践を踏まえて考察していく。

 本実践では、従来の逐語訳を求めるbottom-upアプローチに偏ったリーディング指導を脱却し、かつ、下位レベルの学習者にとってはなかなか難しいものの、リーディング指導における最終目標ともいえるfluent readerを育成していく上では重要になるtop-downアプローチによるリーディング指導をうまく融合させるような授業実践を実際に試みる。その上で、生徒たちのリーディングへの取り組み方への意識・意欲面での変容やこの指導法が内容理解度へ及ぼす影響、読み方に関する変化について調べ、そこから見えてくる成果や課題について考えていく。




第四会場(小講義室4) 研究発表2 10:35-11:05

A Critical Analysis of an On-going Curriculum Reform Project

ベルガー舞子(立命館アジア太平洋大学)


No curriculum is without theories, whether they are apparent or hidden. For instance, new programs are usually designed either to remedy the problems in existing curricula or to improve them (Dubin and Olshtain, 1986). But is it always so? The presenter will report on an English language curriculum reform that has taken place at a dual-language university from an insider’s perspective. This project is aimed at creating a curriculum that will support students withvarious needs who will further their study in English-medium lectures on the university’s multicultural campus and beyond. The presenter will report on the background to and theories underneath the reform project; designs of the old and new English language curriculum; challenges the developers faced, and how the project should be evaluated as it goes through the reform cycle. In particular, the presenter will closely examine one of the core courses at pre-intermediate level course. It is a skills-based course focusing on listening, speaking and writing. After merely one semester, it may be premature to assess its ‘effects’ using performance indicators. Yet, there is certain obligation and pressure on the teachers to demonstrate that improvement has actually occurred (White, 1998). Therefore, the presenter will argue that ongoing and longitudinal program evaluation and development of pedagogy and materials is essential in order to deem the innovation meaningful. The presentation will be both informative and thought provoking for educators who are involved in or considering a major curriculum development across their institution.




第四会場(小講義室4) 研究発表3 11:10-11:40

英語学習者の黙読と音読におけるフレージング

堤厚(熊本大学大学院生) 


本研究では、日本人英語学習者の音読と黙読におけるフレージングを観察することによって、フレージングが文処理に与える影響を作動記憶との関連で分析する。プロソディは黙読においても文処理に影響を与えているという考え方があるが、L2においてはどうなのか、また、音読と黙読の違いとフレ―ジングとの関連性はあるのかについて明らかにする。 事前に行った接触節に関する実験においては、音読と黙読の直接の関連性を確認することはできなかったが、フレージングの長さの影響を確認することができた。今回の研究においては、学習者に50語程度のまとまった英文を区切らせることによって、音読と黙読の句切りを観察する。また、リーディングスパンテストなどを行い、作動記憶との関連も調べていく。




第四会場(小講義室4) 研究発表4 11:45-12:15

Teaching Connected Speech

川浪一也(福岡大学附属大濠高等学校)


In traditional contexts in Japan, students learning English as a foreign language learn exclusively written form (grammar) of English. However, they do not formally learn spoken grammar. When communication takes place between native speakers of English and nonnative speakers of English, miscommunication or misunderstanding often occurs. The problem lies in the fact that native speakers of English do not pronounce words or sentences the way it is written, but the way it is spoken (Brown, forthcoming). Connected speech is “the phenomena in spoken language that collectively include phonological processes such as reduction, elision, intrusion, assimilation, contraction and so forth” (Seong, 2008). Giving explicit instructions in connected speech facilitates listening comprehension (Brown & Hilferty, 1986a, 1986b, & 2006). In this presentation, I would like to shed light on connected speech, or reduced forms, specifically some typical phenomena that take place in naturally occurring spoken utterances or discourses. Then I would like to suggest some plausible ideas for teaching connected speech.




第四会場(小講義室4)研究発表5 13:15-13:45

Interrelationship between reading comprehension and proficiency in incidental vocabulary meaning acquisition in L2 reading.

呉屋英樹(Ball State University)・山内進(琉球大学)


The present study investigated an interdependent relationship between reading comprehension and different vocabulary knowledge that the readers actually acquired by engaging in meaning inferencing of unknown words appearing in the same text. All stimuli were pseudowords whose phonological structures maintained the English phonological system. The stimuli were displayed in margins in two ways; one with a Japanese translation and the other with an instruction that the readers are required to infer the meaning from the context while reading. The subjects who voluntarily participated in this empirical study were intermediate level EFL students who enrolled in a middle size university in Japan by the time of the experiment. The initial screening was done to eliminate outliers in terms of proficiency. In order to investigate the above research inquiry, obtained data from six variables (TOEFL reading scores, passage comprehension scores, meaning inferencing accuracy, L1 translation test score, word-form recognition test score, and multiple choice test scores) were analyzed by SPSS. Based on quantitative data analysis, it showed correlations among these variables. The results led to an insightful discussion and pedagogical implications from which EFL educators and learners would benefit to find a more efficient vocabulary teaching and learning in the EFL environment.




第四会場(小講義室4)研究発表6 13:50-14:20

Training Japanese EFL learners to identify English /r/ and /l/

楠元洋子(立命館アジア太平洋大学)


It is well known that the English phonemes /r/ and /l/ are problematic for Japanese students of English. Previous research points to the lack of /r/-/l/ contrast distinction in Japanese phonology to account for this (Goto, 1971; Miyawaki et al., 1975). Yet a number of studies (Bradlow, et al., 1997, 1999; McCandliss, et al., 2002; McClelland, et al. 2002) showed that adult Japanese speakers who started studying English after the critical period were able to improve their ability to distinguish this contrast by training. These studies all focused on training perception ability. This study, however, examined the effects of oral practice of /r/ and /l/ pronunciation on phoneme recognition.

Results of 20 participants suggest that oral practice was as effective as earlier training techniques. Comparing pre-test and post-test, participants in the treatment group slightly improved their perception test scores while there was no statistical difference in the control group. This experiment has provided evidence on the value of alternative techniques for training Japanese to help improve phonemic discrimination, and provides a framework for the development of pronunciation lessons.




第五会場(中講義室2) 研究発表1 10:00-10:30

英語の句動詞表現についての一考察

飯尾 豊 (熊本大学大学院生)


現代英語においてはmake outなどのいわゆる句動詞表現は母語話者によって日常生活の中で頻繁に使用されており、英語において固有で特徴的な表現形式の一つだと言われている。一方、非母語話者が学習する際には習得が困難な面が多いこともよく知られている。これまでにもPalmer(1965)やFraser(1976)などを含め言語学的研究及び言語学習などの面から度々取り上げられてきた。そこで本発表では我々非母語話者が英語の句動詞表現を学習する上での問題点を言語学的側面から概括し、どのようにすれば効果的な学習が実践できるのかその応用につながるであろうと思われる言語的特徴を明らかにしていきたい。




第五会場(中講義室2) 研究発表2 10:35-11:05

A framework for transition from secondary to tertiary English learning

Amanda Bradley(宮崎大学)

This presentation describes and discusses a framework to enable tertiary learners to effect the transition from secondary English learning to using English for discipline-specific purposes in university. While educational research makes much of learner developmental stages, teaching English as a foreign language downplays them, instead favouring linguistic and notably acquisition-based theories, with English instruction widely focussing on basic grammar and trivial communication.With the goal of engaging the students’ intellects at their level through English, the proposed framework, in contrast, comprises an integrated skills, content-based programme addressing issues related to the students’ primary interest: their specialisms. Learners are invited to replace preconceptions, including culturally-specific notions such as self-deprecation, with an objective, proactive and supported approach entailing experience, observation, reflection, discussion and retrial. This work in progress describes the ongoing development of English Education and Language Culture majors. Previous student and recertifying teacher feedback will be included.




第五会場(中講義室2) 研究発表3 11:10-11:40

人工的日英バイリンガル児におけるyes/no疑問文の発達

御手洗靖 (大分大学)


本発表では,日本人の父親が英語で日本人の母親が日本語で養育した「人工的」日英バイリンガル児の疑問文の発達を報告する。  特に助動詞と主語の倒置を中心に,御手洗(2009,2010)で報告したwh-疑問文の発達との比較をおこないたい。




第五会場(中講義室2) 研究発表4 11:45-12:15

WTCと内的あるいは外的要因との相互関係

松枝里紗(熊本県立大学大学院生) 長嶺寿宣(熊本県立大学)

本研究の目的は,日本人英語学習者の外国人とのコミュニケーションしてみたいという意欲に影響を与え得るさまざまな要因とそれらの相互関係を明らかにし,積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成に教育的示唆を与えることである。コミュニケーションに対する意思,感情,信念に焦点を当て,熊本県立大学文学部英語英米文学科 の日本人大学生2名に複数回にわたりインタビューを実施した。インタビュー中の会話を録音し,文字に起こしたデータをグラウンデッド・セオリー・アプローチに基づき分析を行った。今回は特定の意思,感情,信念に限定して変化とそのプロセスについて発表する。また,それらの変化の意味を解釈し,言及する。




第五会場(中講義室2) 研究発表5 13:15-13:45

小中高一貫の英語リスニング力の到達指標の策定と検証:CEFR(A2-B1)を照準にして

椎名紀久子(千葉大学)・金森 強(松山大学)・松井順子(明海大学)・林正治(明海大学)


社会の急速なグローバル化に伴って、日本人の英語力も国際的な視野にたってその評価と改善をしていくことにもはや異論を唱える余地はない。本研究の最終目的は、日本人のリスニング力向上に資するために、日本の英語教育と言語文化を鑑みて、リスニング能力の到達指標と能力記述文を独自に策定し検証することである。これまでにCEFの全体的尺度の3段階(A:Basic, B:Independent, C:Proficient User)・6レベルを多様な先行研究を踏まえて22項目に細分化して能力記述文を策定し、現在その検証段階にある。本発表ではA2とB1レベル(2段階8項目)のディスクリプタの妥当性検証のために独自に開発したリスニングテストの結果について、Can-doリストへの回答結果を踏まえて報告する。

*CEF(Common European Framework):「ヨーロッパ共通参照枠」

*本研究はH20-H23年度科学研究費補助金(基盤研究A)『小、中、高、大の一貫する英語コミュニケーション能力の到達基準の策定とその検証』(研究代表者:投野由紀夫、研究課題番号20242011)を得て行われている。




第五会場(中講義室2) 研究発表6 13:50-14:20

長崎大学環境科学部保全設計コースの英語教育の現状―ESPの観点から

張帆(長崎大学大学院生)


長崎大学環境科学部では、環境問題が国際性を持っているので、英語力の涵養は必須であると考え、3年次の言語コミュニケーションという科目で、英語によるコミュニケーション力とプレゼンテーション力の養成を行っている。本発表では特に、理系の環境科学部環境保全設計コースの英語教育をESPととらえ、その現状について報告する。英語授業を教える先生方5名に聞き取り調査を行った。また、受講している3年生の学生に、英語クラスについてアンケート調査を行い、比較分析する。 さらに、環境科学や環境学を専門とする他大学では、英語教育をどのように行っているか調査し報告する。




第六会場(中講義室4) 研究発表1 10:00-10:30

50語英作文の魅力と可能性について考える

水島孝司(南九州短期大学)


発表者は、2006年4月以来、大学と短大で50語英作文とそのコンテストを用いた英語授業を行ってきている。そして、その実践内容、学生の反応、指導効果や課題などをこれまで継続的に発表してきた(水島 2006, 2007, 2008, 2010a, b, 2011, 水島(編) 2010)。50語英作文とは、50語ちょうどの英語で書く作文である。作文のテーマは自由で、学生は自分の夢や趣味、意見、思い出、フィクションなど何について書いてもよい。この50語英作文を用いた“Extremely Short Story Competition”と呼ばれるコンテストは、アラブ首長国連邦で開発されたものである。本発表では、英検準2~2級程度の英語力を持つ短大生が書いた50語英作文の実例を紹介しながら、その魅力と可能性の一端について考えてみたい。




第六会場(中講義室4) 研究発表2 10:35-11:05

映像で知るアイルランド-グローバルな視点を求めて-

上田節美(九州産業大学)


中学校・高校時代と同様に大学の英語教育においても、諸外国の文化・歴史を学ぶ機会を提供することは重要である。外国語事情を知り、国際理解を育成することは、英語教育の重要な役割であり、英語学習に積極的に取り組む「動機づけ」となるからである。しかしながら、近年大学1・2年生対象の共通科目の英語では、実用的なTOEIC等の試験対策に充てられことが多く、グローバルな視点を養うことは難しい。 本研究では、筆者が2011年は8月に訪れたアイルランドの映像を授業に用いて、アイルランドの言語事情や社会を知る機会を提供する。授業前のアンケート調査と授業後のアンケート調査を比較検討し、国際理解を育成する授業の報告をする




第六会場(中講義室4) 研究発表3 11:10-11:40

Evaluating Writing Skills and Teacher Feedback Using an Online Writing Program

ロバートロング(九州工業大学) 田吹昌俊(九州工業大学)


This study will report on the findings of first-year Japanese university students using ETS Criterion Online writing program. This study concerns student writing and teacher feedback and it involves a total of 1275 papers, which were written over a school semester. There were three papers, descriptive, argumentative, and narrative, that ranged in length from approximately 150 to 450 words. The first paper, which was about self-introductions, involved 521 students, the second (argumentative) had 506 students participating, whereas 248 students wrote the narrative paper. Students had one month in which to write each paper. The study examined five research questions concerning: (a) grammatical errors that teachers gave feedback on, (b) the four most common kinds of errors that students made in regard to grammar, usage, mechanics and style, (c) possible significant gains in grammar, usage, mechanics and style, (d) possible significant differences in the number of student errors among four randomly selected classes, and (e) a possible significance in the number of student errors for 24 randomly selected students from 4 classes. Results indicated that teachers focused on articles, prepositional and verbal phrasing and vocabulary in their evaluations of student essays. As far as student errors are concerned, fragments / missing commas, subject-verb errors, missing articles, confused words, spelling, missing initial capital letters in the beginning of a sentence, repetition of words and too many short sentences were the most prevalent. There were no significant differences in regard to writing errors for either classes or students. The results indicate that EFL writing teachers should focus more on these specific aspects of grammar, vocabulary and syntax.
 
 
Comments