abstracts

御手洗靖
大分大学
人工的日英バイリンガル児における英語の否定表現の獲得

要旨:日本人の両親に1人1言語方式で養育された幼児における,英語の否定表現の産出データを分析した。従来の第一・第二言語習得の先行研究とは異なる結果が得られたので,報告する。


町川 和子
宮崎大学大学院
小学校英語活動における到達目標の設定とその達成のためのプロセス

 近い将来、小学校英語活動が教科として導入されることに備えて、 これまでの小学校英語活動の先駆的役割を果たしてきた研究開発校 の取り組みから分かったことを基に、どういう内容レベルの英語を、どの程度まで達成すればよいかという、小学校英語活動における到達目 標を設定し、さらに、その目標を達成するためのプロセスを、一つの試 案としてまとめてみた。


中上 健二
東海大学短期大学部(高輪) 非常勤講師
情報・ネットワーク学科におけるリーディングの授業-Webサイトリーディングの試み

英語は苦手で、嫌いという学生が約8割を占める短期大学部情報・ネットワーク学科におけるリーディングの授業の実践報告である。この授業ではなるべく平易な英語で書かれ、かつ学生が興味を持つようなサイトのスキャニングやスキミング、さらには情報検索などをおもな活動として行なった。また、ただ読むだけではなく、書かれていることを自分の英語でまとめたり、書かれた内容に関して英語で意見を言い、それを聞くといったリーディング以外の3技能(ライティング、スピーキング、リスニング)との関連も図りながら、授業は進められた。本発表では、実際に授業で扱ったサイトを紹介し、具体的な活動例を示しながら、その効果と問題点を考察する。


濱崎孔一郎
鹿児島大学教育学部 英語科
新しい文法教育の必要性について

ここ40年ほどにおける言語研究の発達は目覚しいものががる。しかし、その成果が学校教育現場に活かされているとは言いがたい。そこで、コミュニケーション重視の英語教育にこそ、最近の言語研究の成果から得られた知見が有益であるということを主張してゆく。特に、語彙学習への認知文法・認知意味論の応用、言語活動への機能文法の視点の取り組み、さらにこれまでの英文法に欠けていた法制(modality)、相(aspect)、時制(tense)、定制(definiteness)、などの機能的な要素の果たす役割がコミュニケーションに関わってくるということを明らかにする。

小川直義、高橋玄一郎
県立長崎シーボルト大学、活水女子大学
 「英語I・II」の題材研究―内容と形式―


Yurika Nakahara
Creating authentic materials for a communicative English curriculum
No audiovisual equipment needs

   In order to have students acquire English as a language with which they can communicate, they need to be exposed to English expressions that are used very often in real life. Therefore, I aim to investigate how native speakers of American English respond to common greetings such as “What’s up?” and to create instructional materials for conversation practice based on those results. “What’s up?” “ What are you up to?” and “ How’s it going?” were selected as targeted features because of their popularity in the United States. For each greeting, (“What’s up?” “ What are you up to?” and “How’s it going?”) a range of diverse responses given by native English speakers are discussed.    I asked 37 native English speakers how they usually response to the greetings, “What’s up?” “ What are you up to?” and “How’s it going,”and categorized responses by common features. The findings from the questionnaires were applied to material development. The resulting instructional materials focus not only on making students aware of the differences between authentic types of responses and stereotypical “textbook” responses, but also on enhancing students’ communicative skills.   The responses for “What’s up?” “ What are you up to?” and “How’s it going?” typically included repetitions of the question, greetings, questions, jokes, and sometimes a combination thereof. Several acceptable responses for every question were found. Understanding this range of acceptable responses to common greetings in American English will provide learners with information about how to respond to these greetings appropriately and will expand their knowledge of English communicative expressions.


Robert W. Long III,  Masatoshi Tabuki  (Kyushu Institute of Technology)
Case Study:  How an Exchange Program Affects Student Perceptions

            Interest in learning English has been steadilyincreasing overthe past two decades in Japan.  More schools and universities are offeringhomestay and summer ESL trips in various countries.  This study willexplore Japanese student perceptions before and after their studentexchange to Old Dominion University in Virginia, U.S.A.  Specifically,students were asked to respond to a bipolar survey asking about perceptionsconcerning (a) social relationships, (b) forms of activities, and (c)language use and communication.  Before leaving, students responded as tohow they viewed Japanese and then as to how they perceived Americans. During their one-month stay, students were asked to identify specificevents that influenced their views.  Upon their return, students were askedto respond again as to how they viewed Americans.  These responses werethen compared to those which they had previously given.  Students were askedto explain reasons for changes in views.  Results indicate that over halfof studentsc.views changed significantly and that they were able to clearlyprovide reasons for their ideas. Advice that students also provided forother exchange students will also be briefly discussed. The conclusionwill focus on research questions that this study generated.


Stephen J. Davies and Debra J. Occhi
Miyazaki International College
Content-Based Instruction: Teaching Liberal Arts in English to Japanese 
University Students

The memorization-examination based training that the majority of middle and high school students in Japan receive creates specific challenges for these students as learners of English and Western-style liberal arts at university. Critical thinking and the linguistic resources which aid its expression in English are notably absent from the repertoire of entering students at our university. As educators, our goal is to meet this audience with effective methods of instruction to lead students towards greater understanding of English language-based liberal arts discourse. This necessitates strategies that combine discipline-based content and EFL instruction with an understanding of the cultural and educational background of our students.This paper will describe several examples of curricular design which combine linguistic and analytic tasks designed to engage students simultaneously in critical thinking as well as in language learning. Coursework often employs cultural comparison by using data about culture areas beyond Japan which is examined within an appropriate theoretical framework. However, such comparisons often begin by investigating native knowledge students bring to the classroom. Students are led to reexamine aspects of Japanese culture from various perspectives and to reconsider themselves within the context of contemporary Japan. Translation and description of these aspects in English prompts reexamination of things and practices commonly taken for granted, leading towards cross-cultural or otherwise multiple perspectives. In either case students are lead to reevaluate previous knowledge and work towards developing capacities for critical inquiry across a variety of liberal arts disciplines.


九州大学大学院 塚崎香織
The Harry Potter Books for Teaching Reading and Writing at College 

Research on EFL and ESL reading and writing has shown the importance ofconnecting the two skills to make our reading and writing instruction moreeffective. The purpose of this paper is to consider a method of teachingreading and writing English to Japanese college students. Reading andwriting activities based on the first and the second volumes of the HarryPotter books were developed.

土持かおり
鹿児島県立短期大学
看護英語ESPとその学習者動機付けへの役割

学習者の専門分野・職業分野との接点を意識した英語教育、いわゆるESP教育は
一般英語教育(EGP)と比較し、学習者の動機を高めやすく、効果的な学習を施す言語教育と言われているが、そのためには、EGPでも活用されている「学習者のニーズ分析」だけでなく、ターゲットとなる分野での言語の使用されている場面や状況に関しての、ニーズ分析をも授業に反映させることが効果的なESP教育の前提である。看護系大学の学生に比べ、看護専門学校の学生は、基礎的な英語力がかなり弱く(中学校卒業程度)、加えて文法中心の授業を受けてきていることから、英語学習への苦手意識も強いなどの問題点も多い。しかし准看課程での実習経験、勤務経験があることから、看護英語を学習する目的、必要性は認識させやすい。また彼らの持つ専門知識を授業にうまく取り入れることで、学習意欲を高めていけるというESP教育としてのメリットもある。本発表では、これらのメリットを生かし、問題点を克服するために、どのようなニーズ分析を学習者の動機付けに活用し、また授業内容を工夫しているかを、昨年度の授業で活用した看護英語に関するニーズ分析、学生による意識調査、ニーズ分析等の資料とともに発表する予定である。

氏名:川上典子
所属:鹿児島純心女子大学
題目:英語教育における小・中学連携
要旨:小学校における英語教育を考える際に一つの課題である中学校との連携を考える。  小学校でかなりの授業時数の英語活動を行ってきた川内市立平佐西小出身の生徒の中学校での英語に対する意識調査を行った。他の小学校出身の生徒の結果と比較し、  調査結果を分析するとともに、中学での授業観察を基に小・中学校の連携を考える


氏名:橋口美紀(はしぐちみき)
所属:鹿屋体育大学外国語教育センター
題目:学習者中心の読解指導の試み
発表要旨:
平成13年度に本学の1、2年生を対象に読解能力と読解ストラテジーの関係を調べた結果、読解能力の低い学生はトプ・ダウンストラテジ-を駆使できない傾向にあることが判明しました。この結果を基に、英語のクラスにおいて、学の持つスキーマを活性化させトップ・ダウン的な読みができるよう、学生による英語での質疑応答、スピーチ、Writingつなげる学習者中心の読解指導を実践しています。授業での活動の実際、学生同士による評価、受講した学生達の反応一つの試みとして報告させて頂きます。

氏名(所属) 柳井智彦(大分大学)・河野准一郎(大分大学大学院)・田北 聡
(大分大学大学院)・森脇郷子(米水津村立色宮小学校)

(題目) スピーキング力伸長とreflection:transcription法と再作文法の比較実験

(発表要旨) 学習者のアウトプットを洗練させるため,2つのreflectionの方法を試みた。一方のクラスでは質問に対する自分の応答をテープから書き取らせた後,それを自己修正させた。他方のクラスでは,同じ応答練習を行ったが,書き取りは行わず,同じ質問への答えをあらためて英作文させた。分析の結果,指導上の示唆が大きい結論を得た。

発表者:吉田 一衛
所属 :福山大学

題目:日本文化の主情性と欧米文化の主知性 ー異文化コミュニケーションの視点からー要旨:梅棹(1991)は、長い年月を経て形成された文化の違いというものは、そう簡単には理解されるものではなく、両方の文化を融合させた中間的なものが存在すれば、世界の様々な問題が解決されるだろうと言っている。しかし、異なる文化はそう容易に融合するとも考えられない。そうであれば、基本的には、日本文化を維持し、欧米文化を学習することにより、必要に応じて欧米人に適したコミュニケーションの方略を駆使することを考えるべきではなかろうか。こうした考えを前提にして、本研究では、小津安次郎『東京物語』、向田邦子『あうん』、エリックシーガルのLove Story の会話表現を中心にして、日本人の主情性と欧米人の主知性を明らかにし、これら二つの視点から、英語教育における学習者と教材の特性について研究する。

Name :Sonia Matumoto
School:Minami Kyushu Junior College
Presentation title: English with 'Friends'

Abstract:In a typical class for a typical lesson, most teachers present a handout with written examples for the students to follow. Although examples are essential and writtn form provides the most efficient medium, video can greatly enhance these written examples, as well as increase motivation. This presentation will demonstrate how a short video exerpt from the popular American sitcom 'Friend' can provide ecellent examples and sufficient material for a one hour lesson.

Name:Jason Adachi
School:Miyazaki International College
Presentation Title: Classroom Video Production for Students and Teachers of English

Abstract:
This presentation will examine the educational methodology involved in guiding students through a video-production project in Engliah. Due to time constraints, the presentation will focus on the studnt portion of the project, and describe how students might be encouraged to communicate in English, while meeting the many challenges presented by planning and filming. Problems with the procedure will also be addressed and it is hoped that attendees will share their own experiences with student video projects during the question and answer session that follows. 

Name:Amanda Bradley
School:Miyazaki International College
Title of Presentation: Connecting sound spelling and meaning

Abstract:
My presentation will focus on the use of two original sound and colour chartsrepresenting the phonemes of a non-English language(catalan) to illustrate the finedistinctions between phonemes,and the relationship between phonemes and letters. With the help of acollege student assistant, I will demonstrate and explain how learners use the charts to grasp andpractice the nuances of sound and spelling and apply them to the production of meaningful utterances.While the same system may be used with English charts, initial use of alanguage other than English enables learners to drop preconceived notions about Englishpronunciation and approach the challenge of sound, spelling and meaning from a fresh and practical angle, aswe will show. 



氏名:庄村陽子(久留米大学)
   榎本佳世子(アデレード大学、オーストラリア)
題目:The Effects of Length of Residence and Formal Language Instruction 
   in L2 Acquisition of Japanese Psychological Verbs
邦題:日本語学習者の心理動詞習得にみる滞在期間と形式的教授の及ぼす効果


氏名 土屋 麻衣子
所属 福岡工業大学
題目 英語の内発的学習意欲を妨げている要因とは

要旨
土屋(2003)(投稿中)において、中学・高校での6年間の学習を経たあと、すっかり英語嫌いになった工学部に在籍する大学生英語学習者のみを対象としたアンケートを実施し因子分析を行った。なぜ、彼らはそれほどまでに英語学習に後ろ向きなのかという疑問に対して、学習者に内在する要因を探りたかったからである。その結果、1.英語無意味感、2.無能力感、3.憧れなし、4.勉強方法不安定、5.落胆感 6.他者受容なしという6因子が抽出された(4.5.6因子は現段階では可能性因子)。今回の発表では、それらの因子が、英語を苦手で嫌いになってしまった大学生学習者に特徴的なものなのかを検証するために、同じ工学部の学生で英語の好き嫌いは様々であるが良い英語の成績を保ってきた学習者、中学校以来英語が好きであり成績も良い文系学部の学習者にも同じアンケートを実施し、各質問項目の回答値を比較・考察する。


 氏名:中野秀子
  所属:九州共立大学
  題目:語彙分析に基づいたライティング指導

     大学院工学研究科の院生の論文指導において専門分野の論文の特徴を把握させるために語彙分析を行い頻度の高い語彙リストと例文リストを作成させた。現在まで行ってきた パラグラフ・ライティング用Web掲示板の利用も含めて紹介する。


韓国の中学校1年の教科書から見る初等学校の英語教育
清永 克己(飯塚日新館中学校)

 韓国では1997年から,初等学校(日本の小学校)3年生から英語教育が導入された。初等学校の英語教育では,4年間で450語前後の語彙を学習するようになっている。授業は,3年生では「聞くこと」と「話すこと」が中心であり,4年生では「聞くこと」「話すこと」に「読むこと」が加わる。そして5年生からは,その3つの技能に「書くこと」が加わり,文字を通した学習が始まる。初等学校での英語教育が,現行の第7次教育課程の教科書にどのような影響を与えてきたのか,言語材料とreadabilityの2つの視点から旧課程の教科書との比較を行なった(清永;2002,2003)。言語材料に関しては,初等学校の英語教育は中学校の英語教育を先取りした学習となり,1年生の教科書には,旧課程の中学2年生で扱われていた内容がかなり含まれていた。また,本文のreadabilityに関しても同じような結果が出ており,第7次教育課程における初等学校からの早期英語教育は,中学,高校の英語教育にかなりの影響を与えている事がわかった。 しかし,それらは3年間を通した視点での研究であり,初等学校の英語教育の内容がどのようなものなのか,具体的に調べたものではなかった。本研究では初等学校の英語教育が,旧課程の内容をどこまで網羅しているのか,その内容を明らかにしようとしたものである。比較研究には,新旧の教育課程の中学1年生の教科書を3冊ずつ,6冊を使用した。全体の語彙と文法や構文に関する言語材料を調べ,さらにその実像を明確にするために,中学校への導入段階であるlesson1からlesson 3までの内容に関して比較研究を行なった。

氏名:金岡 正夫
学校:鹿児島工業高等専門学校
Title:CPBI as a possible Solution for Student Ownership in ESP Course

Abstract:
There is a variety of ways that project-based instruction (PBI) could be implemented inEnglish for specific purposes(ESP) classrooms. A model proposed in this-time presentation is only one possibility, hence no way should it be referred to as the only, or the best model. It is widely known that any design of the project-based learning (PBL) environment requires substantial organization, and creativity on the part of instructor. Besides, choice of the topics for student investigation will rely on student and instructor preparation,co-shared interests, time commitment, as well as prior experiences with this mode of instruction. My proposed model of creativity-involved project-based instruction(CPBI), largely based on PBI theories, provides pedagogical implictions for the change of conventional ESP methodology. The model stresses student ownership and self-determination in preparation for learner-centeres ESPcourse.


氏名:早田 武四郎
所属:長崎ウエスレヤン大学
題目:英語教育における電子英語辞書による動機付けと学力増進法の研究

論旨:国際化の進展に伴い、世界に通用する英語学力の必要性はとみに増している。英語教育に、そして英語学習に費やされる日本人の労力、時間は莫大であるにもかかわらず、その効果は上がっていないのが現状である。日本のTOEFL受験者の平均成績を挙げれば、アジアで最低レベルである(竹蓋 2002)。これは英語の学習方法が間違っていたことによると言わざるいえない。英語学習に改善と工夫が求められる所以である。近年、日本の電子・電気技術の発達は目覚しく、電子英語辞書の発達・精巧化にもそれが反映している。英語学習の効率化、科学化が求められる今、電子英語辞書の効果的な活用が日本人の英語学習に革命的変化をもたらし、日本人の英語学力を高める足がかりとなることが期待されている。折りしも電子英語辞書を使用する学生の数は年々増加している。 このような状況において、電子英語辞書を使用する学生の調査、電子英語辞書の種類および機能の調査、電子英語辞書使用法の実態調査に基づき、望ましい電子英語辞書の使用法の提案が強く要請されている。本研究はこれらの社会的要請に応えることを目指している。

Comments