abstracts

第一会場 研究発表1
自律学習への導き―「ラジオ講座」を活用した「英語」授業の試み
田上 優子 (福岡女子大学)

大学全入時代の到来が間近に迫る一方で,グローバル化の影響を受け,社会が大学卒業者に期待する英語運用能力及び積極的・自律(立)的行動力は,今までよりもより高くなってきていると言える。
他方,進学校(高校)における多くの授業は,教師主導型で綿密に組まれたスケジュールの授業を生徒が受講していく形態であることは否めない。
Autonomy(自律的態度)の育成が強調されて久しいが,ある意味で「受動的」に学んできた大学入学生に対して,「自律的な学び」を気づかせ,その糸口を見出す方略を入学時教育として行うことは大学英語教育の使命かもしれない。
2005年春学期に,大学1年生へ「NHKラジオ講座」を教材として用いた授業と授業後のアンケートをもとに,教室外学習,家庭学習の役割と効果について考察する。


第一会場 研究発表2
What are the Challenges Facing English Immersion Students in a Content Based Programme? Can Learning Journals Help?
Amanda Bradley (Miyazaki International College)

This study examines learning journals kept by students in a number of different discipline classes at Miyazaki International College. The purpose is to assess the extent to which the journaling facilitates students’ transition to their new academic environment entailing content-based instruction through English immersion.
The paper gives an overview of research on learner journaling before explaining the precise nature of the journals kept by MIC students and how they are used.
Students in their first and second years in college face academic challenges as they leave behind the more controlled educational system in high school for an environment where greater self-direction is encouraged. Learning a foreign language is per-se often stressful or anxiety inducing. Added to that, the imparting of content in English presupposes the students’ ability to use English across the skills, though in reality, not all students have previously used English for purposes of expression or to grasp meaning.
In the circumstances, learning journals provide students with the time and space to process the content of their classes and to analyze their learning. The teacher’s feedback fulfills the roles of counseling and tutorial. 
The paper includes samples of students’ journal entries and teachers’ responses.


第一会場 研究発表3
The Discourse Markers of Conflict Resolution
Robert Long (九州工業大学)
Masatoshi Tabuki (九州工業大学)

The one area that has not been thoroughly examined both linguistically and pragmatically, has been that of conflict resolution. For students abroad, either in home stays or in student exchanges, there are occasions in which they find themselves in conflict with either cultural norms or with their fellow students, friends, or teachers. Thus, a DCT was used which comprised 18 different situation based on either three kinds of conflicts or three kinds of dilemmas―epistemic dilemmas, obligation dilemmas, and prohibition dilemmas. The DCTs also had a student rating as to how problematic the situation was form them. Based on the student replies, various kinds of student discourse markers were identified. Discussion will focus on how the discourse markers functioned to convey particular meaning or served to mediate or “soften / heighten” the speaker’s message. Recommendations will focus on how discourse markers function in potential problematic situations that are common for exchange students.


第一会場 研究発表4
医療福祉系学生に対する英語教育―コースデザインに向けたニーズ分析
永野 喜子 (久留米大学非常勤)

発表者は,毎年約300名の看護学生(四年制大学看護学科2年生120名,看護専門学校准看護師科2年生180名)と約200名の医療福祉系学生(専門学校理学療法士学科1年生80名,専門学校作業療法士学科1年生80名,専門学校視機能療法学科1年生40名)のESPコースを担当している。彼らには,どういった内容の英語コースを,どのように提供すべきであるのかを探るため,今年度,それぞれのコース開始時に,「英語に関するアンケート」調査を,全員の学生と,彼らの専門科目を教える,臨床経験のある教員(看護師系約50名,医療福祉系約40名)に実施し,目標状況分析と,学生の現状分析を行なった。その調査結果を分析し,発表する。


第一会場 研究発表5
(この研究発表はキャンセルされました)


第一会場 研究発表6
English L2 Reading: Making Inferences
Stephen John Davies (Miyazaki International College)

Inferencing is the process of drawing conclusions, making personal meanings, and predicting outcomes from texts. However, although inferencing is widely recognized as an important reading strategy, EFL learners are seldom taught how to infer meanings; instead, their reading tasks usually focus on information retrieval. In English L1 learning contexts, on the other hand, learners may be taught how to infer meanings from as early as Grade 3.
The presenter discusses the results of research into the inferencing strategies of Japanese university students. These results suggest that, while learners may develop some of the ability needed to make inferences, they are often confused by unknown vocabulary, unfamiliar discourse structures, and context-embedded clues. The conclusion, therefore, is that readers need to be given exposure to reading tasks that will facilitate inferencing at a much early stage in their reading development.


第一会場 研究発表7
Improving Online Reading and Vocabulary Development
John Paul Loucky (Seinan JoGakuin University)

Various new types of vocabulary development online programs and tests are compared in this study to consider how useful they may be for guiding individual or classroom L2 vocabulary instruction. It explored how these programs seek to test and teach new L2 vocabulary more innovatively and accurately. Several vocabulary programs are reviewed, compared and combined within a comprehensive, recycling model of second language vocabulary acquisition (SLVA), in an attempt to help maximize effectiveness in teaching and testing.
Using online programs such as Lexxica’s V-Check, WordChamp, Semantic Field Keyword Approach, Lexi-Study and others found at this researcher’s site (under Reading, Vocabulary and Word Lists sections), the author’s graduate courses for engineers aim to improve access to authentic general and technical English articles and more true and complete versions of historical events than may be presented in their national texts. These online reading courses also teach Japanese college students how to use many vocabulary and language learning web tools and programs that can make their online reading of English articles written at any level much more effective and enjoyable.


第二会場 研究発表1
A Study of Rhyme and Alliteration in a News Magazine
Tadahisa Araki (Kikuchi Senior High School)

Rhyme and alliteration are two stylistic devices which lend a musical air and contribute to euphony of the passage. Therefore they are often common in poetry. However, since they can also highlight short phrases and sometimes add humorous effects, they often appear in news articles, especially in head lines. I have been interested in these plays of sounds in news articles because they seem to me to reveal natives' sense of English sounds. I have collected examples of rhyme and alliteration from recent articles in TIME (Asia). I would like to present where these sound devices are employed in the magazine.


第二会場 研究発表2
センター試験第3問とパラグラフリーディングの指導-新聞記事を利用して-
隈 慶秀 (福岡県立明善高等学校)

大学入試センター試験英語第3問は苦手とする者が多く,受験生のいわば「悩みのタネ」でもある。第3問はA・B・C3つにわかれている。出題形式で見てみると第3問Aは100語程度の英文に接続語句補充をする問題,第3問Bは英文中の空所に入れるべき3つの短文の順序を選ぶ問題,そして第3問Cは300語程度の本文の前に提示された3つの短文を,本文の6ケ所の空所のうち適切な箇所に入れる問題である。A・B・Cいずれも文相互関係の知識やパラグラフ構成の理解が必要で,英文読解の基本である。本発表では,生徒が第3問に取り組む際の指導法,ならびに大学につながる高校3年次の英文読解法を考える。特に指導方法の一つとして新聞記事の利用と工夫を考察する。


第二会場 研究発表3
英語学習のディモチベーションが高い学習者に有能感を与えるために-学習観を見つめなおさせる-
土屋 麻衣子 (福岡工業大学)

英語学習におけるモチベーションの向上のために,近年,学習者に有能感や自信を与える必要性を呈した研究がなされているが,付随して考えなければならないことは,「では,どのようにして与えるか」である。これまでの研究結果を踏まえ,学習感・学習方法の視点から考察する。


第二会場 研究発表4
学生のモティベーションを高める読解指導をめざして-「教材」から「学材」へ
吉重 美紀 (鹿屋体育大学)

英語の読解指導において,ここ数年さまざまな取組みを行なってきた。流暢さ,語彙認識,多読,学習者のモティベーション,教材の選択,読解指導における学習者の活動など,読解に影響を及ぼすと考えられる要因はいくつかある。その中で,学習者のモティベーションが英語の読解にいかに影響を及ぼすか,に関する研究は少ない。発表では,特に教材の選択と学習者のモティベーション,読解力の関係を,2つの国立大学法人の1年生を対象に行なった読解テストおよびアンケート調査から探り,今後の読解指導を考えたい。
教材選択にあたっては,「教える」材料としての「教材」に加え,学習者が学ぶ材料としての「学材」の観点を強調したい。


第二会場 研究発表5
E-learning における補助教材としてのリーディングミニテストの可能性
中原 由利香 (九州産業大学)
與古光 宏 (九州産業大学)
大薗 修一 (九州産業大学)

本研究では,英語学習者が教室外自己学習としてe-learning のリーディングに取り組む際に,その補助教材としての小テストの可能性について探った。具体的には,日本人大学生218名を対象とし,e-learning教材は,ALC NetAcademy 「基礎英語リーディングコース」を使用した。また,2種類のリーディングミニテストを作成し,毎回の授業で実施した。10週間の調査を通して,e-learningの学習時間とミニテストの合格率との関係,ミニテストの種類に応じたe-learningの学習時間及び合格率との関係,および最終的なリーディング能力への影響について調査した。本発表では,具体的な調査結果を報告する。


第二会場 研究発表6
Semantic Pattern Practiceの提案
柳井 智彦 (大分大学)

英語の質問に答える際に,どのようにすれば内容をふくらませていくことができるのか,この課題への解決策を探る。たとえば”Do you like milk?”への応答,(A1)”Yes, I do. I like milk.”と”(A2)”Yes. I drink it every morning, but my brother doesn’t like it.”を比べよう。A2のような答えを言えるためには,「頻度の付加」「動作主の転換」といった意味論的発想の訓練が役立つ。発表では発話コーパスの分析と授業実践から得た訓練方法を提案する。


第二会場 研究発表7
授業提言:児童英語のための,トピックをもとにした英語授業のすすめ
Lesson Proposal for Topic-Based Tasks for Young English Learners in Japan
竹内 舞子 (エクセター大学大学院)

This is a practical lesson proposal based on theoretical frameworks. 
A topic-centred syllabus has a great potential for meaningful, motivating, and even challenging learning opportunities for young learners of English. It helps associate new vocabulary items. It supports learning English through doing something children can identify with. It may even link the knowledge of the pupils with their outside world, depending on the final outcome of the learning.
In this presentation, I would like to share my ideas on how to elaborate on one
major topic, “weather,” in an English lesson. I will demonstrate activity-based, topical tasks that include 4 games as medium for learning. The tasks moves from physical to more cognitive activities, from aural/oral to literal, and I hope to link the English activities with other subject areas as a part of learning. For instance, the topic on weather can be expanded into subject areas such as science, home economics, social studies (geography and international cultures), and even drama or story-telling depending on the learners’ level and interest. This will also enable learning the language through the content.
After introducing the lesson plan, I would like to discuss the rationale for the topic-based approach, rationale for choosing the topic on weather, rationale for the 4 tasks, how to assess the students, and the potential difficulties.


第三会場 研究発表1
中学生のスピーキングに与えるpre-planning の繰り返しの影響
甲斐 しのぶ (大分大学大学院)

「pre-planning(話す前に時間を与える)を繰り返しは中学生の英語のスピーキング力を伸ばすであろう。」という仮説のもとで,発表者の勤務する中学校3年生の2クラスを実験群,統制群として実験を行った。5月から2ヶ月間,各セクションで基本文型や教科書の内容を学習した後に,自分のこと,身近なことについての話題を提示し,それについて基本文を使いながら,英語で1分間話すことを繰り返させた。実験群の生徒には,話す前に1分間のpre-planningの時間を与えた後に話すように指示し,統制群の生徒は時間を与えず,すぐに1分間話すように指示した。5月に事前テストを行い,7回の練習を経た後7月に事後テストを行い,その変化を分析した。


第三会場 研究発表2
A Study of Spoken Interaction between the English Teacher and Students
Li Mo (大分大学大学院)

This study investigates the spoken interaction between an English teacher and her students with the approach of Conversation Analysis methodology. To study the above issue, I examine the data collected during my daily talk with my students who are in the second grade of junior high school. The organization of turn taking and the organization of repair in language classrooms have been discussed mostly with pedagogical focus. In this study, turn talking and repair are analyzed in detail in the situation of ordinary talk to explore their functions in students’ speaking competence. The function of formulas in speaking is another aspect to be taken into consideration in this study. Formulas appeared in students’ utterance are examined. The purpose of this study is to see whether the factors mentioned above can be applied to second language acquisition.


第三会場 研究発表3
日本人幼児の英語動詞の修得過程
御手洗 靖 (大分大学)

日本国内において日本人の両親に養育されている幼児の,英語の動詞の習得過程を報告する。対象児は1歳から,英語と日本語を一人一言語の原則で養育されている。日本国内という英語のインプット量の劣る言語環境において,家庭内における「自然」修得がどのように進んだのか,先行研究と比較しながら,giveなどのいくつかの動詞について縦断的なデータを紹介する。


第三会場 研究発表4
英語学習における電子辞書の使用について-実態調査からわかること-
原 千里

「電子辞書」を使用する英語学習者が,確実に増加している。だが,その使用を禁止したり奨励したり,その対応は学校によって様々である。
高校生や英語教師たちは,「電子辞書」をどのようにとらえているのであろうか?4高校での「アンケート調査」や「聞き取り」などを通して,その実態に迫る。
また,先行研究などから「電子辞書」使用の諸問題点をも探る。そして,紙の辞書との比較において,そのメリットやディメリットについて考える。
さらに,英語学習における「電子辞書」使用の可能性について言及する。


第三会場 研究発表5
コーランと般若心経による英語教育への示唆
吉田 一衛 (福山大学)

英語教育において異なる文化を理解することが欠かせない。イスラーム教の経典で114章から成るコーランと,仏教の経典の一つで262字から成る般若心経の主張を取り上げる。旧約聖書の影響を受けているコーランの現実主義的側面と内面性重視の視点から,その特徴について考察する。観自在菩薩で始まる般若心経については,「因縁」「空」等の概念を中心に仏教の思想について考察する。その結果を英語教育の方向づけの一つとしたい。


第三会場 研究発表6
日本人英語学習者による英語受動態の習得に関する研究:格吸収パラメターの習得に焦点を当てて
榎本 佳世子 (アデレード大学)
坂元 真理子 (鹿児島工業高等専門学校)
渡辺 清美 (広島三育学院高等学校)

本研究は,第二言語習得の過程において母語の言語知識がどのように作用するかを,受動態の習得を基に明らかにしようとするものである。本研究では受動態を生成する際に適用される格吸収[±case absorption]パラメター(Chomsky, 1981,1986)の習得に焦点を当てた。日本語に存在する構文が標的言語に存在しないため,日本語母語話者である英語学習者は英語受動文の成文性判断に困難をきたすことが予測される(Izumi & Lakshmanan 1998)。受動化規則の習得は項構造の習得に関連しており,その習得過程と母語の影響は第二言語習得で主要な問題の一つとされている。
本研究は日本語と英語の受動化規則の相違に起因する学習困難の実態を量的に分析することで,その習得過程をFTFAモデルに従って解明していく。


第三会場 研究発表7
Morpheme Acquisition by Japanese High School Students
長友 隆志 (宮崎県立富島高校)

This research looks at morphemes in high school students' English writing. I will analyze students' writing using the method that Tono (2000) adopted. Tono's study focused on the order of morpheme acquisition, which has been conducted with Dulay and Burt (1973), Krashen (1977) and other researchers. Morpheme studies have been conducted in various countries including Japan. The research of morphemes in students' writing will show teachers how students acquire morphemes and the level of writing skills from small grammatical particles. Also by clarifying how students have acquired morphemes, teachers can refer to what kind of morphemes they should focus on in the future. In the present research, the data is collected three times from the same group of students in order to ensure the data is reliable. I expect the result of the order of morpheme acquisition to be different from Dulay and Burt (1973) and, Krashen (1977), but will resemble the results of Tono's research, for example, students acquire articles late. The study concludes with the possibility of using the results of morpheme studies in English classes in Japan. The findings of this study will be useful for teachers in Japan when composing their grammar classes.


第四会場 研究発表1
小学校高学年児童の英語の読み書き能力におけるフォニックス指導の効果
平川 知子 (福岡教育大学大学院)
森 千鶴 (福岡教育大学)

小学校の高学年になってくると認知力・分析力が高まってきて,低学年と同じような音声のみの指導では,英語活動に限界が出てくる。しかし,わが国では音声教育から文字教育への移行について充分な検討がなされていない。フォニックスは英語を母語とする,学習遅進児にとって効果があるといわれるが,外国語として時おりしか英語の音と接することのない日本の子ども達への効果は充分に検証されていない。そこで本発表では,初めて文字学習に取り組む英語学習入門期の小学校6年生を対象に,実験群と統制群に分け18週間トレーニングをした結果を比較検討することにより,小学校高学年児童に対する初歩的なフォニックス教授の効果を考察した。


第四会場 研究発表2
リスニング能力上位者と下位者が使用するリスニングストラテジーの違いについて
關 翔一 (福岡教育大学大学院)
森 千鶴 (福岡教育大学)

現代の学校現場で,実践的コミュニケーション能力の育成を目指した指導が重要視されるようになって久しいが,現在の日本人のリスニング能力はなかなか上達しないという現状がある。More-skilled listenersとLess-skilled listenersの違いは何だろうか?近年,その違いは,Listening Strategiesにあるのではないかと言われており,注目を集めている。本研究は,先行研究を基に,More-skilled listenersとLess-skilled listeners間のListening Strategiesの使用回数,彼らの用いたListening Strategiesの種類の相違点,また語彙・文法力やフレーズ単位での聞き取り能力はリスニング能力やListening Strategiesの使用にどの程度関係があるかといった点に主眼を置いた研究である。


第四会場 研究発表3
「生徒の自己表現力を高めるための指導と評価のあり方」~「書くこと」の指導を通して~
原田 尚孝 (熊本市立京陵中学校)

学習指導要領において,実践的コミュニケーション能力の基礎を養うことが外国語の目標として掲げられている。国際化・情報化が進展している21世紀の社会において,相手とのコミュニケーションを円滑に行う能力の育成が大切なことは言うまでもない。
そのような中で,平成15年度に国立教育政策研究所教育課程研究センターが実施した中学校教育課程実施状況調査の結果が平成17年9月に公表された。その中の中学校・英語の「書くこと」の結果分析において,特に以下の2点について,十分に改善されたとは言えない状況が明らかになった。
・後置修飾,不定詞などの文構造(文構造理解力)について課題がある。
・まとまった内容の文章を書くこと(文章構成力)が弱い。
英語の基礎を学ぶ中学校の段階において,上述の2つの力を育てることは最も重要な課題の一つであると考える。この状況を深く受け止め,生徒が意欲的に「書くこと」の学習に取り組み,豊かな表現力を身につけることのできる指導と評価のあり方について,今までの実践をもとに発表する。


第四会場 研究発表4
データに基づく小学校英語活動の効果と実態
渕上 啓子 (福岡教育大学大学院)

小学校英語教育について活発な議論が行われているが,英語活動の実践により実際にどのような効果が上がっているのかについては,客観的なデータが大変少なく,データの共有化が文部科学省と教育界から強く求められている。特に国語力と英語力の関係に関しては,3月末の中教審外国語専門部会の報告に「国語力の育成との関係」という項目が盛り込まれるほど,大きな論点となっているにもかかわらず,客観的なデータは皆無である。本研究では小学校2年生から6年生の5年間英語活動を行ってきた子ども達の英語力と国語力およびコミュニケーション能力の関係を客観的なテストのデータを用いて検証し,併せて子ども達へのアンケート結果も利用して,小学校英語活動の効果と実態を探ろうとするものである。


第四会場 研究発表5
宮崎大学医学部の「臨床英語講座」―看護師を対象とした「EMP講座」実践報告―
南部 みゆき (宮崎大学非常勤)

宮崎大学医学部では,附属病院と医学部が一体となって,”英語を話す患者とのコミュニケーションが出来る医療人”の育成を目指す目的で2006年4月以降,医学科の学生を対象に,正規の選択カリキュラムとした「EMP講座」が開設された。EMPは,English for Medical Purposeの略である。このEMPの考え方から新たに生まれた講座がENP(English for Nursing Purpose)であり,”看護・看護学のための英語”という位置づけである。今回は,宮崎大学附属病院に勤務している看護師6名を対象にして行った「EMP講座」の実践内容を報告するとともに,講座実施前後のアンケート内容にも触れながら発表を行いたい。


第四会場 研究発表6
英語多読導入とその効果:英語学習に対する学習者の意識の変化
Introduction of English Extensive Reading and its Effects: Learners’ Psychological Changes in Terms of English Learning
宮内 信治 (大分県立看護科学大学)

本学は2004年より正規の英語授業に英語多読を導入している。英語多読では,外国語としての英語を学習する者を念頭に編集された多読用教本(Graded Readers; GR)を主に用いる。学習者は自由に読みたい本を選び,「辞書は引かない・わからないことばや表現は飛ばす・つまらなくなった本は読むのを止める」を原則として読み進めていく。本研究では,まだ英語多読に触れていない大学入学直後の時点と,1年生の前期授業終了直後の2回,学習者に対してアンケート調査を行い,英語または英語学習に対する意識の変化を観察した。結果として,英語多読導入により,英語やその学習に対して肯定的な意識の変化が見られた。


第四会場 研究発表7
小学校英語活動カリキュラムを創る~4つの視点を大事にして~
上妻 薫 (熊本市立力合小学校)

「英語を楽しく聞いたり話したりする活動を通して,世界の言葉や文化への関心を高めるとともに,積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度や能力の基礎を育て,国際社会においてよりよく生きる資質を養う。」という英語活動の目標のもと,自校の英語活動のカリキュラムを作成した。カリキュラムを作成する上で,大事にした視点は,次の4つである。子どもにとって身近な話題をテーマとする(視点1)。子ども一人一人が発話する活動を取り入れる(視点2)。同じ表現を違った形で繰り返す計画にする(視点3)。国際理解の内容を取り入れる(視点4)。
作成したカリキュラムとそれを支える教材・教具についても発表し,ご指導・ご助言を受けたい。


第五会場 研究発表1
異文化コミュニケーションと英語教育-コミュニケーションにおける言語の役割の視点から
畠山 均 (長崎純心大学)

コミュニケーション重視の英語教育の必要性が叫ばれ出してからかなりの時間が経過した。近年,リスニングやスピーキング重視の英語教育さえしておけば異文化コミュニケーション教育として充分である,または異文化コミュニケーション能力が育つ,という短絡的主張が目立つ。そのような主張の背景の一つには異文化コミュニケーションにおける言語の役割をどう理解すべきかについての混乱がある。本発表ではコミュニケーションにおける言語の役割の観点から,その混乱に一定の枠組みを与え,異文化コミュニケーション教育と英語教育の関連について一つの視点を提供する。


第五会場 研究発表2
「癒し」よりも「刺激」: 大学の英語授業におけるBackground Musicの効果についての実践報告
保家 信太郎 (九州産業大学非常勤)

Stevick(1990)は,言語指導の成功の鍵は言語そのものに対する指導技術ではなく,学習者の情意面をコントロールすることであると述べている。本実践研究では日常のいたるところで流れているBGMに着目し,大学英語の授業中にBGMを流すことにより,学生の情意面に効果があるかを学生アンケートにより調査した。アンケートによると,BGMがない状態と比べて気持ちよく受講できていると答えた学生が81%,授業中のBGMはあったほうがいいと答えた学生が88%を占めた。また。洋楽のBGMに学習効果を感じる学生が多く,学生が英語の授業におけるBGMに「癒し」よりも「刺激」を求めていることがうかがえる。


第五会場 研究発表3
Language and Perception of Identity
Jason Adachi (Miyazaki International College)
Sonia Matsumoto (Minami Kyushu Junior College)

A person's identity can be defined simply as those cultural, social, psychological, and experiential characteristics that make him, or her, a unique individual. Arguably, one of the most revealing aspects of identity is language. The way we communicate with others reveals so much about us, that it often results in unconscious evaluations by those with whom we interact. That being the case, what then happens to an individual's identity when a new language is learned? 
For language learners, language can affect identity in a number of ways. For example, in a classroom in which most interactions between teacher and student are in the L2, the limitations imposed by low proficiency can make a student seem to be reticent, shy, uncooperative, or blunt. On the other hand, another student might find that the filter of the L2 empowers them to say and do things that they would never do in their L1. The image of the student that the teacher develops is one colored by the language under study. 
In this presentation, we will explore some of the ways in which the multifaceted worlds of language and identity can interact to change us and the way we are seen by others. 


第五会場 研究発表4
Developing Public Speaking Skills 2: Presentation Laboratory Outcome
Jason Adachi (Miyazaki International College)

This presentation is a follow-up to "Developing Public Speaking Skills: A Presentation Laboratory Package", a presentation made at the 2005 KASELE Conference in Saga. The first presentation described how a video camera, video monitor and microphone could be used to give students intensive public-speaking practice with immediate, real-time feedback, and to help students become accustomed to speaking comfortably, clearly, and with authority before groups of people. 
In the current presentation, specific activities and the effectiveness of the laboratory arrangement will be discussed with an emphasis on student development, outcomes, and reactions in the Educational Technologies & Techniques of Communication course--part of the teacher-training curriculum at Miyazaki International College.


第五会場 研究発表5
高校ライティングのノート指導~エラー記号と生徒の自己訂正力
井ノ森 高詩(明治学園中学高等学校)

高校「ライティング」のノート指導に欠かせないのが,エラー記号である(綴りの誤りにはSPL,時制の誤りにはTNSといった具合)。記号で誤りの種類を示し生徒自身に訂正をさせ,書き直しを求める,という指導を過去数年実践してきた。しかし,誤りの種類によっては生徒自身での訂正が困難な場合もあり,出来る限りより具体的な指示が求められるため,毎年エラー記号に改良を加えてきた。今年度の生徒のライティング作品と「エラー記号別自己訂正度」を紹介し,来年度に向けた記号改良の方向性を報告する。(実践報告)


第五会場 研究発表6
The Pre-Enrolment English Program: Integrating Experiential Learning with Language Development to Acculturate Japanese Students Studying at an Australian University
Richard Warner (University of Adelaide)

A significant number of NESB (Non-English Speaking Background) students, both Japanese and otherwise, commence studies at Australian universities with the minimum required level of English and little familiarity with the local academic culture. To address this problem, most universities offer study-skills focussed bridging programs for NESB students prior to their studies. At the University of Adelaide, the award winning Pre-enrolment English Program (PEP) has further developed this preparatory stage, facilitating students, via a range of tasks, to develop the requisite language, learning and communication skills so important for the active participation which is so valued in Australian academic culture.
During the PEP, students participate in a variety of learner-centred negotiated tasks, necessitating interactions with a broad cross-section of the university community. The theory underpinning such interactions is expressed in the action-teaching model of Cadman and Grey, (1997) and comprises four phases: negotiation-plan-action-report/review. These interactions help students make sense of Australian academic values and expectations, and gain skills, such as critical thinking and negotiation, relevant to their intended degree programs. Thus, PEP graduates not only have a good grounding in academic skills, they also have demonstrated active acculturation into the academic culture of which they are now a valuable part.


第五会場 研究発表7
Reading Helps: Extensive Reading as Part of Communication Classes
Christopher Storey (北九州市立大学)
Rodger Williamson (北九州市立大学) 
Anne Crescini (北九州市立大学)

First-year university communication classes usually focus on developing speaking and listening abilities, with little time spent on reading and writing. Research (Grabe & Stoller, 2002), however, suggests that extensive reading can (and related writing activities) have a positive impact on English skills. How, then, can we effectively include reading in communication classes? This presentation reports on an ongoing quasi-experimental study into how extensive reading, added as a component of English communication classes, is positively impacting science students in a medium-sized municipal university. The 200 participants in the study, who are all studying the same English communication course, are divided into 4 treatment groups. Treatment 1 includes reading aloud; Treatment 2 includes online reading; Treatment 3 includes reading while listening and Treatment 4 involves only silent reading. The effect of the treatments is being measured using a pre and post TOEIC reading section test along with a cloze test. Although the study is still in its initial stages, an 11% increase in TOEIC reading section scores and a 13% increase in comprehension scores have been observed. Discussion of results in relation to theory and recommendations for educators wishing to include reading in their classes will be provided. 

Grabe, W., & Stoller, F.L. (2002). Teaching and Researching Reading. Harlow, UK: Pearson.


第六会場 研究発表1
辞書の発音と実際の発音とのずれ
蒲地賢一郎 (鹿児島県立短期大学非常勤)

リスニング練習のために,映画Monsters Inc.を使った実践授業を紹介する。学生にとってどのような音がキャッチしやすく,一方で,どのような音がキャッチしづらいのかを考察してみる。辞書の発音記号どおりに発音される音はキャッチできるが,発音記号とは少し異なる発音(早口,強調,雑音を伴う)の音はキャッチが困難になると言える。学生は,発音記号の発音が絶対的な唯一の音と理解している傾向が強い。しかし,それは理想的な世界(よどみのない明快な発音,そして雑音を伴わない等)の状況であって,現実の世界(または日常の世界)では,話すスピードが異なったり,雑音を伴う場合が多々ある。


第六会場 研究発表2
e-learningによるリメディアル教育の実施報告
張 栄 (西日本工業大学)

近年,少子化が進行している社会的状況の中で,大学教育も様々な問題に直面している。また,入試の多様化による学生の基礎学力の低下問題が急激に深刻化しており,同じ大学・学部・クラスの新入生の間でもかなり学力の差が生じている。その結果,大学水準の授業が成り立たない,大学教育の実質の低下まで問われる現状である。そこで,高校で従来教えている知識を大学入学後に,リメディアル教育の形で補習を実施せざるを得ないのが実情である。このリメディアル教育の実をあげるために,e-learning のプログラムを導入する大学が少なくない。西日本工業大学では今年の4月から18年度の新入生全員を対象とする英語e-learningオンライン学習システムを導入した。コンテンツ不足の問題は解決されたけれども,教員にとっては指導方法の改善や指導力の向上などの新たな挑戦を受けとめ,取り組まなければならない。その勝負の鍵は,いかに学生の学習自主能力を育成するかだと考えられる。


第六会場 研究発表3
Moodle as a Base for Student Communities
Malcolm Ross Swanson (西南女学院大学)

This presentation will detail the creation of an online community area for students in the English Department of Seinan Jo Gakuin University. This communal area was made using the freeware Moodle course management system. It includes course material for student study, self-study activities, forums, surveys, and personal journals. What has made development of this programme particularly challenging has been the lack of technical skill or interest among the students and other faculty. In this presentation, the setting up and administration of the system will be discussed, as well as the challenges that were faced in introducing it to the students and faculty, along with maintaining their interest and involvement. This presentation is aimed at educators with an interest in developing online programmes, but who lack the expertise or confidence to do so.


第六会場 研究発表4
小学校英語活動の成果-教室からの発信
森脇郷子 (佐伯市立上堅田小学校)
柳井智彦 (大分大学)

小学校の英語活動で使われる「歌,ゲーム,決まり文句」に関して,批判的な論が聞かれる(大津・鳥飼2002や高知での全国英語教育学会のシンポジウム等)。本発表は教室の事実でもってそれに反論する。2年間の森脇の実践から,慣れ親しんだ英語を教室の生活の中で自然に使おうとする子供が生まれてきた。「分析せずに丸覚え」した英語を,適切な状況でコミュニケーションに使う,という場面が観察されたのである。本発表ではそのような成果を生ずるまでの活動の様子をビデオによって示すとともに,原理的な考察を行う。
Comments