8月5日(日)

 

自由研究発表・実践報告(2日目)

9:3012:55(①9:3010:00 10:0510:35 10:4011:10 11:1511:45

11:5012:20 12:2512:55

 

第1室(第一大講義室)   司会者:今井裕之(兵庫教育大学)・山森直人(鳴門教育大学)

順番

  

種別

   

今井裕之(兵庫教育大学)・松井かおり(名古屋大学大学院)

研究発表

中学校英語授業における熟練教師の思考と実践の展開過程-英語使用者としての自立を促す教材活用に焦点をあてて-

松井かおり(名古屋大学大学院)・今井裕之(兵庫教育大学)

研究発表

英語授業における熟練教師の思考と実践の展開過程-ALTと日本人英語教師の関係性に焦点をあてて-

木村裕三(富山大学)

研究発表

英語教師の動機づけ:質的データによる北京市、韓国仁川市小学校英語実践の読み取り

山森直人(鳴門教育大学)

研究発表

英語科教員養成における教室英語の指導に関する基礎的研究

指宿和代(神戸市外国語大学大学院)

実践報告

小学校英語活動・学校というコミュニティーを活かすには

東野裕子(西宮市立小松小学校)

研究発表

プロジェクト型英語活動における文字学習

 

第2室(第二大講義室)   司会者:本田勝久(大阪教育大学)・長谷尚弥(関西学院大学)

順番

  

種別

   

吉田晴世(大阪教育大学)・西澤弘喜(大阪教育大学大学院)・牧田 快(大阪教育大学大学院)・本田勝久(大阪教育大学)

研究発表

プロジェクト型学習にシャドーイングを組み込むことの有効性について

宮城 健(兵庫教育大学大学院)

研究発表

リズムを利用した長文音読指導の効果

川井一枝(東北大学大学院)

研究発表

日本人成人英語指導におけるチャンツ技能面と情意面からの考察

片桐徳昭(北海道札幌開成高等学校)・河合 剛(北海道大学)

研究発表

Students react confidently to consistent oral classroom commands using controlled vocabulary

吉田 努(北海道大学大学院)・歌代崇史(東京工業大学大学院)・河合 靖(北海道大学)・河合 剛(北海道大学)

研究発表

Speaking parts in graphically-represented contexts facilitates oral expressibility

三浦隆行(元東京学芸大学大学院)

研究発表

黙読・音読の内容理解の差の研究-脳機能イメージングによる初期研究-Study 1

 

第3室(インフォメーションルーム)   司会者:島谷 浩(熊本大学)・望月正道(麗澤大学)

順番

  

種別

   

 歌陽(広島大学大学院)

研究発表

The influence of cause variation on disagreement strategy by Chinese and Japanese EFL learners

望月正道(麗澤大学)

研究発表

語彙構成のテストLOTの妥当性検証

柳瀬 学(宝塚市立御殿山中学校)

研究発表

日本人英語学習者がパブリック・スピーチで使用するレトリックの特徴

伊達正起(福井大学)

研究発表

学習者の英語運用に対するリハーサル効果に影響を及ぼす要因

ムジト(兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(鳴門教育大学))・伊東治己(鳴門教育大学)

研究発表

A Search for Factors Determining Global Intelligibility of EFL Learners' Oral Communication

舩戸詩織(大分市立碩田中学校)・伊東治己(鳴門教育大学)

研究発表

日本人英語学習者が流暢に英語を話せるようになるための必要条件に関する研究

 

第4室(11号教室)   司会者:山本昭夫(学習院高等科)・清水裕子(立命館大学)

順番

  

種別

   

山本昭夫(学習院高等科)

研究発表

下位タスクの同時処理における自動化と統合化:既知の言語知識を手続き的知識にする

大目木俊憲(兵庫教育大学大学院)

研究発表

日本人EFL学習者の即興スピーチ(モノローグタイプ)におけるL1関与について

上垣宗明(神戸市立工業高等専門学校)

研究発表

プレゼンテーションの評価について

川村一代(皇學館大学)

研究発表

意図的語彙学習における未知語の意味推測・記憶保持と語彙サイズ

髙島裕臣(県立広島大学)

研究発表

母語話者と日本人学習者の英語語彙情報処理における語彙特性の諸効果

 

第5室(12号教室)司会者:清水真紀(高崎健康福祉大学)・浅見道明(お茶の水女子大学附属高等学校)

順番

  

種別

   

清水真紀(高崎健康福祉大学)

研究発表

音読パフォーマンスとリーディング・コンポーネントの関係

小笠原良浩(兵庫教育大学大学院)

研究発表

音声変化の指導が生徒のリスニング力に及ぼす効果について

馬場哲生(東京学芸大学)

研究発表

英語リスニング学習における速聴タスクの有効性

浅見道明(お茶の水女子大学附属高等学校)

研究発表

超分節音素を中心に開発したデジタルリスニングコンテンツの高校生の聴解能力に与える影響(その2)

竹内成美(河盛英語塾)

実践報告

高校でのオーラルコミュニケーション授業の実践と生徒からの評価

十河克彰(旭川工業高等専門学校)

実践報告

英語で考える英語授業

 

第6室(13号教室)   司会者:神白哲史(専修大学)・萬谷隆一(北海道教育大学札幌校)

順番

  

種別

   

國本和恵(子供英語)

研究発表

小学生英語学習者の心理要因に関する研究-英語教室に通っている子ども-

神白哲史(専修大学)

研究発表

中学入学以前の英語学習経験と発音能力の関係 

山本玲子(京都教育大学附属京都中学校)

研究発表

ストーリーテリングによる意味理解と記憶の関係について

平川知子(春日市立春日南小学校)

研究発表

「読み」につなげる入門期の文字指導-“Synthetic Phonics”研究からのヒント-

渕上啓子(九州産業大学)

研究発表

英語への興味・関心・意欲と英語力の変容:小学校6年から中学校1年まで

 博英(日本大学)

研究発表

早期英語教育における学習開始年齢と学習者要因の関係

 

第7室(14号教室)   司会者:相澤一美(東京電機大学)・磯 達夫(麗澤大学)

順番

  

種別

   

中田達也(東京大学大学院)

研究発表

Break+名詞コロケーションの偶発的学習:意味表象の見地から

相澤一美(東京電機大学)・磯 達夫(麗澤大学)

研究発表

レベル別語彙力と読解能力の関係

岡本真由美(京都大学大学院)

研究発表

低頻度レベル語彙知識の測定--語彙教育に関する含意

土岸真由美(安田女子大学大学院)

研究発表

日本人英語初学者のための基本動詞選定-ICE-GBによってclause typeごとに選んだ動詞のリスト-

多尾奈央子(筑波大学大学院)

研究発表

音声を併用した学習が語彙習得に及ぼす影響:発音のしやすさに焦点を当てて

田頭憲二(広島大学)

研究発表

日本人EFL学習者のL2意味範疇の再構築におけるL1語特性の役割

 

第8室(21号教室)   司会者:籔内 智(京都精華大学)・里井久輝(摂南大学)

順番

  

種別

   

小林雄一郎(法政大学)・葉田野不二美(東京学芸大学)

研究発表

発話コーパスにおける前置詞句の発達

橋本秀徳(ノッティンガム大学大学院)

研究発表

語彙ストラテジー,動機づけ,到達度の関係:中学生の場合

西垣知佳子(千葉大学)・中條 清美(日本大学)・西岡菜穂子(千葉聖心高等学校)・Christopher Kato(千葉県我孫子市教育委員会)

研究発表

英語マルチカルタを活用した中高生のための生活語彙の指導

横川博一(神戸大学)・平井愛(京都外国語大学)・里井久輝(摂南大学)・谷村 緑(京都外国語大学)

研究発表

日本人英語学習者の語彙知識と英単語親密度

籔内 智(京都精華大学)・里井久輝(摂南大学)

研究発表

自由連想課題による日本人英語学習者のメンタルレキシコンの一考察

五味奈津子(筑波大学大学院)

研究発表

The Relationship Between Reading Proficiency Levels and Word Recognition Skills: Focusing on Effects of Frequency and Regularity of Words

 

第9室(22号教室)   司会者:竹内理(関西大学)・泉惠美子(京都教育大学)

順番

  

種別

   

杉田麻哉(関西大学大学院)・竹内理(関西大学)

研究発表

中学生が授業外学習に対して動機を上げるきっかけ:授業外学習のための動機づけ方略構築を目指して

若本夏美(同志社女子大学)

研究発表

学習者の外向性特性と英語学習:外向性は本当に愛されない要因なのか?

桐生直幸(鎌倉女子大学短期大学部)

研究発表

大学英語授業に対する学生の評価要因に関する研究-満足度と理解度の分析-

斉田智里(茨城大学)

研究発表

学生による授業評価と英語の成績との関係

田中博晃(広島国際大学)

研究発表

学習者の英語授業への取組みを促す要因の検証

 惠美子(京都教育大学)

研究発表

The Effectiveness of Teaching Communication Strategies through Explicit Task-based Instruction

 

10室(23号)   司会者:柳瀬陽介(広島大学)・福智佳代子(姫路獨協大学)

順番

  

種別

   

柳瀬陽介(広島大学)

研究発表

Exploratory Practiceの特質と「理解」概念に関する理論的考察--アクション・リサーチを超えて--

竹内春樹(近畿大学工業高等専門学校)

研究発表

理想の英語教師

吉田達弘(兵庫教育大学)

研究発表

英語科教師の学びの研究:理論と実践の対立からpraxis

中田賀之(兵庫教育大学)

研究発表

リフレクティブツールとしての教室内英語評価尺度の可能性-事例研究-

西山正秋(神戸市立工業高等専門学校)

研究発表

英文朗読者の視線解析

達川奎三(広島大学外国語教育研究センター)

研究発表

英語教師のコミュニケーション方略の使用と教授に関する考察

 

11室(24号教室)   司会者:原田尚孝(熊本市立京陵中学校)・島田勝正(桃山学院大学)

順番

  

種別

   

原田尚孝(熊本市立京陵中学校)

実践報告

中学生が意欲的に「書くこと」の活動に取り組む英語指導についての実践研究

三木 望(バーミンガム大学大学院)

研究発表

議論文のライティングに必要な発表語彙-モデルエッセイ・コーパスの分析を通して

麻生雄治(大分県立大分上野丘高等学校)

研究発表

Written Peer Responseが英作文の推敲に与える効果

佐藤臨太郎(市立函館高等学校)

研究発表

Accuracy vs. Fluency, or Accuracy and Fluency?: The Relationship Between Fluency and Accuracy in Writing

島田勝正(桃山学院大学)

研究発表

英作文における気づきから再構成に至る過程を促進する要因

高橋愛紗(京都外国語大学大学院)

研究発表

フレーズを意識させた指導法が文章要約課題に与える影響 

 

12室(25号教室)   司会者:笠原 究(聖徳大学)・高山芳樹(東京学芸大学)

順番

  

種別

   

笠原 究(聖徳大学)

研究発表

The Effects of Speech Rate and Task Characteristics on the Item Difficulty of the Center Listening Test

蒲地賢一郎(鹿児島県立短期大学)

実践報告

発話音と発話場面との相互関係

飯村英樹(常磐大学)

研究発表

リスニング・リコールの分析単位:「アイデア・ユニット」 vs.「トーン・ユニット」

竹野純一郎(岡山県立玉島高等学校)・高塚成信(岡山大学)

研究発表

日本人英語学習者の聴解力の伸びを説明する要因について

高山芳樹(東京学芸大学)

研究発表

シャドーイング技術と英語運用能力との関係を探る(1)

大田悦子(東京学芸大学大学院)

研究発表

意味への注目はシャドーイングに有効か?~音声知覚と内容理解~

 

13室(26号教室)   司会者:西田 正(広島大学)・高階 悟(秋田県立大学)

順番

  

種別

   

伊庭日出樹(北海道羅臼高等学校)

実践報告

中学校・高校英語教育におけるブックトークとパスファインダ-の利用の意義と可能性

森永弘司(立命館大学)

実践報告

教室に英詩を-映画を利用した英詩指導の試み

久世恭子(東京大学大学院)

研究発表

Communicativeな文学利用を考える

二五義博(県立広島大学)

研究発表

多重知能理論の身体運動的知能を生かした英語指導法-体育および他教科の視点を入れた新しい中学校英語教育の可能性-

ストーリー・クリストファーW(北九州市立大学)

研究発表

Facilitating communication outside the classroom: how blogging can help

山本真理(兵庫県立兵庫工業高等学校)

実践報告

教室から学習者のコミュニティへ

 

14室(31号教室)   司会者:森 千鶴(福岡教育大学)・浅見吏郎(札幌大学)

順番

  

種別

   

今井隆夫(愛知みずほ大学)

研究発表

認知言語学の英語教育への応用の可能性(2)---動詞のperfectiveimperfectiveの概念を中心に

赤松信彦(同志社大学)・田中貴子(同志社大学)

研究発表

日本人大学生の英語冠詞に対する知識

渡辺眞一(大分県立安心院高等学校)

研究発表

高校英語教育での分詞構文の取り扱われ方についての考察-分詞構文の持つニュアンス・使用場面は高校でどう教えられているか-

佐藤和彦(宮城工業高等専門学校)

研究発表

代名詞の訳について~ゼロ代名詞と「そ」を中心に~

浅見吏郎(札幌大学)

研究発表

「数」を使って基礎の総復習-英語が苦手な学生への指導-

戸出朋子(新潟医療福祉大学)

研究発表

外国語理解における複合文の統語処理に関する一考察:事例基盤の言語学習の視点から

 

15室(32号教室)   司会者:宮迫靖静(岡山県立岡山南高等学校)・森山善美(島根大学)

順番

  

種別

   

宮迫靖静(岡山県立岡山南高等学校)

研究発表

PracticeEFL習得においては無用の長物か?-ACT-R理論からの一考察-

飯田 毅(同志社女子大学)

研究発表

帰国子女の明示的知識と非明示的知識の関係についての一考察

中村光孝(明海大学)

研究発表

日本人英語学習者は英語の名詞修飾構造をどの程度習得しているか

竹内典彦(北海道情報大学)

実践報告

学習者主体の語彙の意味習得に関する試み-つづり字の情報を徹底的に利用する-

中西 弘(神戸大学)

研究発表

日本人英語学習者のL2ワーキングメモリ容量がFiller-Gap文処理に与える影響について

佐久間康之(福島大学)

研究発表

二重課題の記憶表象における系列位置効果の特徴

 

16室(35号教室)   司会者:猪井新一(茨城大学)・酒井志延(千葉商科大学)

順番

  

種別

   

猪井新一(茨城大学)

研究発表

物語における日本人英語学習者の指示表現の産出プロセス・方略について

野村真理子(新居浜工業高等専門学校)

研究発表

日本人英語学習者の産出モードの違いによる言語特徴の分析

江草千春(北海道利尻高等学校)・横山吉樹(北海道教育大学札幌校)

研究発表

物語タスクにおける自己修正の分析:帳尻あわせ効果のメカニズムの考察

沢谷佑輔(北海道教育大学大学院札幌・岩見沢校)・横山吉樹(北海道教育大学札幌校)

研究発表

どのように作文課題の修辞法が学習者の注意と問題解決方略に影響をあたえるのか

村端佳子(高知大学)

研究発表

英語学習が日本人英語学習者の認知に及ぼす影響

樋口勝政(兵庫教育大学大学院)

研究発表

日本人英語学習者における英語関係節の習得について-日本語と英語の関係節構造に関する分析的知識と英語関係節の習得状況の比較調査-

 

17室(41号教室) 司会者:野呂徳治(弘前大学)・中津川義浩(お茶の水女子大学附属高等学校)

順番

  

種別

   

箕輪美里(東京学芸大学大学院)

研究発表

単文理解と文章理解の関係-日英語の照応表現の違いに焦点をあてて-

勝藤和子(阿南工業高等専門学校)

研究発表

英語動詞の分類による教科書分析と比較

濵野由紀子(文教大学)

研究発表

読解中に生成された質問とリコールパフォーマンスの関連について

浅井智雄(広島県立広島皆実高等学校)

研究発表

説明的テキストの論理構造の把握を目指した意図的指導の効果-高校生を対象とした読解指導への応用可能性-

髙木亜希子(大阪教育大学)

実践報告

学習者の自律を促進するリーディング授業

 

18室(42号教室)   司会者:河上昌志(札幌市立日章中学校)・卯城祐司(筑波大学)

順番

  

種別

   

河上昌志(札幌市立日章中学校)

研究発表

中学校の英語教科書採択に関する諸問題の考察-北海道の現状と課題、そして改善策-

富田恭代(トロント大学大学院)・鈴木 渉(トロント大学大学院)・Jessop Lorena(トロント大学大学院)

研究発表

模倣テスト:暗示的知識の測定に向けて

八島 等(東京都立城東高等学校)

研究発表

学習者の正答率を基にした語彙サイズ推定テストの開発

印南 洋(日本学術振興会特別研究員)

研究発表

Multitrait-Multimethod デザインを用いた研究の再分析:確認的因子分析を用いて

久保裕視(関西国際大学)

実践報告

WIHICの日本のEFL環境における有用性について

卯城祐司(筑波大学)・中川知佳子(筑波大学大学院)・森本由子(筑波大学大学院)・土方裕子(筑波大学大学院)・渡邊芙裕美(筑波大学大学院)・甲斐あかり(筑波大学大学院)

研究発表

読解テストにおける質問タイプが項目困難度に及ぼす影響:自由記述式と多肢選択式の比較

 

19室(LL教室)   司会者:Robert Fouser(鹿児島大学)・片桐一彦(専修大学)

順番

  

種別

   

清永克己(飯塚日新館中学校)・小川直義(県立長崎シーボルト大学)・平井清子(北里大学)・ロバート・ファウザー(鹿児島大学)

研究発表

日本・韓国・台湾の高等学校学習指導要領における英語科に関する比較研究

長沼君主(清泉女子大学)・永末温子(福岡県立香住丘高等学校)

研究発表

香住丘Can-Doグレードに基づくCan-Doチェックリストの開発とその運用

工藤洋路(日本女子大学附属高等学校)・根岸雅史(東京外国語大学)・井上千尋(東京外国語大学大学院)・吉池陽子(㈱ベネッセコーポレーション)

研究発表

高校生Can-do statementsの精緻化の方向性~ライティング能力(E-mail)調査の事例を中心に

川手-ミヤジェイェフスカ 恩(国際教育交換協議会(CIEE)

賛助会員発表

TOEFL iBTについて

永末温子(福岡県立香住丘高等学校)・長沼君主(清泉女子大学)

研究発表

動機づけの診断による自律的学習支援環境の構築-ポストSELHiにおける個別フィードバックの実践研究

 

シンポジウム  13:5016:20    第一大講義室

 

         「日本の英語教育の将来中学生に求められる英語の基礎体力 (四国)

                                                  コーディネーター               那須 恒夫(高知大学)・多良 静也(高知大学) 

                                                  提案者                                 杉野 直樹(立命館大学)

                                                                                                  山田 憲昭(高知県立高知西高等学校)

                                                                                                  竹崎 優子(香美市立鏡野中学校)

                                                                                                  青木 昭六(兵庫教育大学名誉教授)  

 

閉会行事  16:2016:45    第一大講義室

Comments