全国英語教育学会 大分研究大会にぜひご参加ください
九州英語教育学会会長
 高梨 芳郎
全国英語教育学会は,名称に示されるように,全国各地区の英語教育学会の統一体で,毎年,地区学会の担当でそれぞれの地方の特色を生かした研究大会を開催しております。九州地区での開催は5回目でございますが,これまでいずれも福岡県での開催でしたので,大分での研究大会は新鮮で,より多くの方々に参加していただけるものと期待しております。
 現在,柳井智彦実行委員長のもとで,九州各県の教育委員会や大分県の中学校・高等学校の英語教育研究部会の協力をいただき,大分大学との共催という形で,着々と準備を進めております。シンポジウムでは,英語教育の基礎である中学校英語教育の課題と方向性について論議し,問題別討論会では認知心理学や音声研究の領域からの英語教育への示唆を探ります。この他に,小中連携,リスニング,ライティング,音読などの最近とりわけ論議を呼んでいるテーマでの課題研究報告がございます。中でも大会の基軸を成す実践報告・自由研究発表は予稿集の厚さが「電話帳」から「大辞典」に進化することが予想されますので,参加していただく皆さんに十分満足していただけるものと確信します。
 大分は,憩いの地である湯布院,別府がございますが,豊予海峡の急流に揉まれた関鰺・関鯖といった活魚の産地でもございます。日頃,英語教育の激流に揉まれている方々,関心をお持ちの方々,台風は別にして,全国から一人でも多くの方にご参加いただき,大分研究大会を心地よく,活きのよい大会にしていただければと期待しております。
 皆様方のご参加を心待ちにしております。
Comments